社会人になったら生命保険が必要?

生命保険

会社のお昼休みになると、『生保レディー』と呼ばれる生命保険会社の営業の人がやって来ます。

 

飴ちゃんを配りながら、新入社員に

『社会人になったんだから保険にちゃんと加入しないとね!!』と言います。

 

なんで??

なんで社会人になったら生命保険が必要なんでしょうね??

 

よくライフスタイルに変化があったら、保険の見直しの時期と言われるのですが…。

 

確かに学生から社会人になった事で、ライフスタイルが大きく変化します。

変化はするけど、なんで生命保険が必要なの??

 

今回はなぜ『社会人になったから生命保険に入る必要があるのか…』を私なりに理由を検証してみました。

 

これを読んで、必要だ!!と思えば加入を検討すればいいと思いますし、

必要ねぇな!!と思えば加入の時期ではないのだろうと思うので、入る必要はないと思います。

 

加入の前の参考にしていただけたら…と思っています。

 

できればご自身の環境に照らし合わせて考えてみて下さいね。

これ…他人事で見ていると、あんまり役には立ちません。

 

生命保険とは

 

生命保険とは、主に死亡補償です。

あなたが亡くなったときに残されたご家族が受け取れるお金です。

 

 

よく医療保険を生命保険と勘違いされます。

 

病気やケガの時、入院費や手術費用を補償する保険は『医療保険』です。

『生命保険』ではありません。

 

『生命保険だけど、病気やケガの時の補償もちゃんとある!!』場合、

それは、『生命保険』に『医療保険』がくっついているだけです。

要は、両方の保険に加入したというだけの事です。

 

社会人になったから生命保険に~ その①

あなたが亡くなったら、生活が困難になる家族がいる場合。

あなたの稼ぎだけで生活を担っている家庭…家族の皆が働く事が出来ない、生活費の頼りはあなただけ!!

このような家庭には生命保険が必要でしょう。

 

社会人になったから生命保険に~ その②

あなたが亡くなっても、家族は生活やお金に困る事はないけども、単純にお金を渡してあげたい!!という感謝の気持ちを形にしときたい場合。

 

社会人になったから生命保険に~ その③

せめて葬式代、(いまの時点でお墓がなければお墓代も)は自分で準備しておこうかな。という場合。

この場合は何千万もの補償はいらないですね。

300万~400万あれば十分じゃないですか?

 

まとめ

大事なのは、ちゃんと納得して加入しているかどうかです。

生命保険は人生の中で『家』の次に高い買い物だと言われています。

『社会人になったから~~』ただなんとなく…のあやふやな理由で、加入するのはもったいなく感じます。

なんのために加入するのか…しっかり目的をもって加入する事をおすすめします。

 

自分が一生懸命働き、稼いだお金です。

意味ある使い方をしていただきたいな…と思います。

お金を大切に想い大切にできる人は、お金からも大切にされると聞きますよ♪