家財保険でテレビの破損は補償できる??

火災保険

液晶のテレビはブラウン管のテレビと違って
画面が破損しやすいです。

 

今回は、テレビが壊れてしまった時、
保険で対応出来ること!!

 

自然災害で『テレビが破損』した時の補償ではなく

『テレビに物が当たって破損した』
『テレビを倒してしまって破損した』

等の破損の補償について…です。

それをお伝えしていきます。

 

テレビは家財道具ですね。
なので火災保険の『家財』から補償されるようになります。

火災保険といっても火事の場合だけ補償するワケではありません。

 

火災保険の補償の範囲も広いので
火事の時だけではなく、雷でも豪雨でも、
『物が当たって壊れた』時でも使うことができるのです。

 

ただし、そのようなときにでも使えるような補償範囲を設定し、
加入しないといけません。

 

補償

『テレビに物があたって破損した』場合

これを補償の対象にするには、
『破損・汚損』を補償の範囲に入らなければなりません。

 

対象となるとき

 

『偶然な事故による破損』が対象です。

 

これは、劣化や外観上の損傷ではなく
たとえば、模様替え中テレビを誤って落として壊れた…
ですとか。

このような場合が補償の対象となります。

 

補償限度額と免責金額

 

引受保険会社によって、細かな違いはありあすが
補償には限度額と免責額(自己負担額)の設定が必要になる保険会社もあります。

たとえば、『30万限度で5千円の自己負担』のように。

 

ポイント

 

火災保険は、『建物』と『家財』をセットで加入するのが一般的です。

セットで加入する事により、『建物』でも『家財』でも
同じ補償が範囲となります。

 

だけど『破損・汚損』の補償は『家財』のみでいいなぁ~…
というような場合は、『建物』と『家財』を別々で加入する方法もあります。

 

その分、保険料を抑えることができますね。

 

『建物』と『家財』がセットになっているからといって、
特別な割引があるワケではありません