子供がテレビを壊した!!火災保険でなおせるの??

液晶のテレビは画面が破損しやすいですね。

小さなお子さんが玩具を投げちゃって、

運悪くテレビにあたり、画面が見れなくなってしまった…

このような場合、火災保険で解決することができます。

火災保険の補償範囲はわりと広いのです。

今回は、子供がテレビを壊してしまったとき、

火災保険の対象にする方法をお伝えします。

火災保険の『家財』に入る

火災保険に加入していますか??

保険の対象には『建物』と『家財』があります。

テレビは『家財道具』になりますので、

火災保険の『家財』に入る必要があります。

※『家財』とは『建物』にくっついていない物。

移動できるすべての物です。

補償の範囲に『破損・汚損』を入れる

火災保険といっても、火事のときだけが補償の範囲ではありません。

『火災』『風災』『水災』

『盗難・水濡れ』『破損・汚損』

上記5つの補償が範囲となります。

ただ、『火災』以外の補償はつけるか外すか

選ぶことができちゃいます。

この中の『破損・汚損』をつけることにより

テレビの損傷が保険の対象となるのです。

大人の自分が壊しちゃった場合

持ち主とその家族(ペットもOK!!)であれば、補償の対象となりますが、

『故意』『わざと』はダメです。

あくまで偶然であり、たまたまでなくてはいけません。

『急激・偶然』といいますかね。

たとえば

模様替えのため移動させている途中に

手が滑って落としてしまった…

ですとか、

机を運んでいると、机の角がテレビの液晶に

当たってしまって破損した…

みたいな。

お友達が壊しても火災保険の対象になるの??

お友達は家族ではないので、

火災保険の『破損・汚損』の対象とはなりません。

大人であろうが子供であろうが、

お友達が壊してしまった場合は、お友達家族で加入している

『個人賠償保険』で弁償・賠償をしてもらいます。

もし、お友達が『個人賠償保険』に加入していない場合は、

話し合いで解決してください…(><)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする