賃貸物件の火災保険を安くする方法

火災保険

 

不動産屋さんでお部屋を借りるときは、火災保険が賃貸契約の必須条件となっています。

 

なぜなら貸し出ししているお部屋が火事になってしまったとき、お部屋の持ち主(大家さん)に対して弁償・賠償をしないといけないからです。

当然ですね。

 

だいたいの不動産屋さんは、賃貸契約時に前家賃等と一緒に火災保険の保険料も徴収します。

これは徴収料金の内訳表にちゃんと『火災保険料』と記載されています。

 

今回はこの賃貸物件にかける火災保険についてお伝えします。

その保険料安くなるかも!!です。

 

 

1・そもそも火災保険とは

火災保険は2つの補償から成り立っています。

①自分の財物…火事や自然災害によって自分の持ち物が使えなくなった、壊れてしまった等。

②賠償責任…自分の家が火元になってしまい、隣・近所に燃え移ってしまったときの弁償・賠償。貸主である大家さんに対しての弁償・賠償。

です。

 

大きくはこの2つの補償となります。

 

2・不動産屋さんが必須としている補償

 

これは冒頭にも書きましたが、貸し出しているお部屋が火事になってしまった時の、大家さんに対しての弁償・賠償です。

 

『借家人賠償』といいます。

 

この補償が絶対必要なのです。

ではいくら補償するのでしょうか…これは火事が起きた時、どこからどこまでを借り主が補償し、どこからを大家さんがみるのか…で、補償額が変わります。

 

マンション、コーポのような集合住宅の場合、火事により他の住人に被害が出ていないか、建て直しが必要になるのか、その時の家賃収入の有無ですとか、いろいろな問題が発生します。

 

要は、自分が借りている空間だけを補償したのでいいのか、それとも全体燃えてしまった時を想定するのかで、補償金額が変わります。

これは不動産屋さんによって違うので、この補償額は必ず不動産屋さんが提示する金額で設定しなければなりません。

 

そしてこの『借家人賠償』という保険は特約となります。

ですので、これ単品で加入する事ができません。

火災保険にセットするのが妥当かと思います。

自動車保険等にセットできる保険会社もありますね。

とにかく何かにセットする必要があります。

 

3・補償の範囲と考え方

 

賃貸契約した時を思い出していただきたいのですが・・・

不動産屋さんから、『火災保険の加入をしていただきます!』の文言は聞かれていると思います。

 

その時、補償内容の打合せをしっかりされましたか??

 

いかがでしょうか??

火災保険の打合せ…必要な補償、補償の金額、補償の期間等です。

話し合い、納得して加入されましたか??

 

おそらく、そこまで綿密な打合せをされている方はいらっしゃらないと思いますが…。

 

この補償内容を見直す事で、保険料を抑える事ができるのです。

 

不動産屋さんが最初に設定している火災保険の内容は、一番いい内容にしている事が多いです。

 

火災保険の設定できる範囲はとても広いです。

火事はもちろん、盗難や破損、水濡れ損害まで対象になっています。

ただ、これらは対象外にする事ができます。

 

マンションの6階に住んでいるのに水災が付帯されている…とか…。

賃貸の火災保険は自分の財物のみです。家財道具一式が対象になるのですが…その家財道具が1000万もないのに補償額が1000万になっている…とか…。

 

家財道具の風災被害の必要性ですとか…。窓や壁への被害はあっても家財道具の被害って、どんな状態??…とか…。

 

もしかしたら必要ではない補償が付帯されている可能性があります。

ここを見直すことにより、保険料を抑える事ができるんですね。

 

4・まとめ

 

賃貸物件の火災保険…お部屋を借りるときには加入が絶対条件の不動産屋さんも多いです。

 

ただ、加入は絶対でも、どこで加入するかは自由な場合がほとんどです。

 

…というか『絶対ウチで加入してください!』という不動産屋さんでも、内容を自由に決めさせてもらえない場合は、いかがなものかと思います……。

 

だいたい、火災保険の契約は2年契約となっている場合が多いです。

ご自身の火災保険、更新のときにでもぜひ確認されてみてはどうでしょうか??

 

もしかしたら安くなるかもしれませんよ♪