65歳以上の入院保険は必要か

医療保険
スポンサーリンク

65歳になると長年かけてきた生命保険が更新を迎え、更新をせず解約を選ぶ人が多くなります。

なぜならば、そのまま更新しようものなら月の保険料が恐ろしく高くなるからです。

 

入院保険だけでも更新したいのだけど・・・

 

しかし、生命保険の特約として入院保険に加入している場合、入院保険だけを更新して続けていくことはできません。

 

65歳・・・これからケガや病気のリスクが高くなっていきます。

 

いろいろ心配もあるでしょう。

そこで改めて入院保険に加入しようか考えたとき、そもそも入院保険は必要なのか・・・という疑問がでてきます。

 

今回は、65歳以上に入院保険は必要なのかどうなのかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

65歳以上に入院保険は必要か

 

65歳以上の方に入院保険は必要です。

 

というか、加入しておいてほしいです。

 

しかし、『高齢者医療制度』や『高額療養費制度』があるにもかかわらず、なぜ65歳以上の方に入院保険が必要なのか・・・。

 

その理由は以下の通りです。

 

先進医療という治療

 

それは、入院保険の特約としている『先進医療特約』を付帯しておいてほしいからです。

『先進医療』とは、健康保険制度が適用されない手術のことです。

 

ということは、かかった費用が全額自己負担なんですね。

 

これを言うと、『そんな治療を受けてまで手術をしなくていい』とおっしゃられます。

 

ですが先進医療は、病気が治るためだけを目的にした手術ではありません。

 

見た目や機能性を病気になる前の、元の身体に近い状態に戻しますよ!!という治療なのです。

 

もっというと、健康保険を適用する手術は病気は治るけど後遺障害が残るかもしれません。

しかし先進医療を受けると、後遺障害の残る可能性が低くなりますよ!!ということ。

 

後遺障害が残ってしまうと、介護が必要な身体になるかもしれません。

 

お世話をするのは、誰でしょうか・・・。

家族に負担をかけてしまうかもしれないのです。

 

そして、ご自分の楽しみも制限される可能性だってあります。

今まで頑張ってきたのだから、老後は楽しんでほしいのです。

 

だから、高齢者の方でも入院保険が必要なんです。

高齢者の入院、健康保険が適用される治療費

 

高齢者が入院した場合、『高齢者医療制度』や『高額療養費制度』があるため病院からビックリするような請求はありません。

 

高齢者医療制度

高齢者医療制度は

前期高齢者医療制度(65歳~74歳)

後期高齢者医療制度(75歳以上と65歳~74歳で一定の障害がある人)

と、年齢によってわかれています。

 

健康保険制度の自己負担する割合が違います。

 

前期高齢者医療制度でも、70歳未満の方だと医療費は3割負担

70歳以上で医療費の自己負担割合は2割です。

 

後期高齢者医療制度で1割負担になります。

高額療養費制度

高額療養費制度とは、医療費が一定の基準額(自己負担分)を超えたら、超えた分の医療費は少しでいいですよ!という制度です。

 

70歳未満だと、一定の基準額を超えた医療費も多少払わないといけません。

 

しかし、70歳以上は57,600円が自己負担の上限額となっています。

それ以上の医療費については払う必要がありません。

※現役並みの所得がある方はあてはまりません。

 

ただ食事代や個室代は、医療費に含まれないので全額自己負担となります。

・・・ご飯は、入院してなくても1日3食とりますもんね・・・。

ご飯は1食460円で、3食1,380円です。

高齢者の平均入院日数

 

・65歳~69歳で1回の平均入院日数は約29日

・70歳~74歳では約33日

・75歳~79歳になてくると約37日

(厚生労働省)

 

どの年齢でみても、平均約1ヶ月間は入院していることになります。

年齢が上がるほど、3日~4日長くなっていますね。

 

入院のリスクは病気だけではありません。

ちょっとの転倒でも、思わね大ケガをしてしまう可能性があります。

骨折で入院してしまうと、骨がくっつくまで退院できません。

少し動かせるようになれば、リハビリも必要です。

そう考えると、この平均入院日数も納得せざるを得ません。

 

一度入院してしまうと退院するのに時間がかかってしまうのです。

高齢者が入院してかかる費用

 

30日入院したとして、

治療費の57,600円+30日分の食事代41,400円=99,000円

 

最低99,000円の入院費用です。

しかしこれは、月初めに入院し月末に退院した場合です。

高齢者の方の平均入院費用は20万と言われています。

 

ということで、高齢者の方が入院しても健康保険制度が使える治療については、ある程度蓄えがあればなんとかなるのかもしれません。

 

だけど・・・入院費で大事な蓄えを飛ばしてしまっていいのでしょうか

何を目的として、貯金をしていますか?

 

入院費を考えている貯金であれば、入院費に使ってください。

でも、もしそうでないのなら目的通り貯金を使ってください。

65歳以上の人にとって入院保険とは

 

65歳以上の方にとって入院保険とは、大事な家族と自分自身を守るためのもの!!

保険料は一番安いのでいいのです。

 

入院保険には、いろいろな特約があります。

しかし、必要のない特約は付帯しなくていいです。

 

ただ、先進医療特約の付帯だけは必ずしておいてください。

お願いします。

医療保険
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hanah1761をフォローする
スポンサーリンク
今年で営業一筋15年目の保険屋の知恵