医療保険の期間 終身型?更新型?

医療保険とは病気やケガで入院した時の、

入院費や手術費用等を補償する保険です。

加入するために決めないといけない項目の1つに保険の加入期間があります。

今回はその加入期間について、どのように考えればいいか…をお伝えします。

まず…

更新型というのは、10年なら10年、15年なら15年と満期が決めれます。

もちろん満期を迎えても、そのまま継続して加入する事ができます。

継続して加入する時の保険料は、その時の年齢によって計算されるので上がっていきます。

ここはデメリットですね。

同じ保険をずっとかけ続けていくと、最終的にめっちゃ高くなります。

同じ保険をかけ続けるなら…ですけど…。

更新型のメリットは、

年齢が若いと保険料がかなり安い。

もともと期間内のみの保険料しか払っていないので、保険を変える事にあまり抵抗がない

したがって、簡単に保険を変えやすいので、いつでも自分に合った保険になっている。

…こんな感じでしょうか。

そして…

終身型とは

生きてる限り、補償が続きます。

保険料も補償が続く限り発生します。

これがメリットですかね。

契約当時の保険料がずっと続きます。途中で保険料が変わる事はありません。

補償は生きてる限りだけど、保険料の支払いは例えば65歳まで…と決める事もできます。

一生分の保険料を65歳までに払うので保険料は更新型より高くなります。

ただ、全額払い収めるので、その分割安にはなっています。

働ける元気な間に保険料を支払っておくという方法ですね。

65歳から保険料の支払いがなくなるけど、補償はある!!

いいですね~~理想ですよね~~。

これはメリットのようで最大のデメリットだと私は思います。

なぜならば、医療事情が変わると保険も必ず変わるからです

今から35年前の手術なんて開腹手術のみで、内視鏡手術なんて一般的ではありませんでした。

それこそ内視鏡手術は先進医療でした。

現在30歳の人が65歳になった時・・・

今と変わらず同じ治療方法をしているのでしょうか??

これからもっともっと医療は変化していくと思います。

その都度保険も変わります。

私は、この保険業界まる15年になりますが、医療保険は3階回変わっています。

『保険料は変わらず、一生補償がある方がいいですよね~。』

と言っていたのに

『新しい医療保険が出たんです。補償が充実し、新しい手術にも対応しますよ。』

って言うんですよね。

言っている事が違うという…。

別に終身型が悪いっと言っているわけではありません。

加入の目的が、治療費メインと考えるなら更新型

入院したときの収入にあてるのが目的であれば終身型

かな…

こんな考え方もできるかなと思います。

いかがでしょうか?

医療保険の期間を考えます時、このような考え方もあるんだ

…って参考にしていただけると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする