ペットの保険、加入の注意点3つ

ペットの保険って、
人間の保険と競える程たくさんありますねっ!!

こんなにたくさんあると、何をどう選べばいいのか悩みます。
いろんなものを読めば読むほどワケ分からんなりますし・・・。

だけど愛するペットが病気やケガをしてしまったときに、
しっかり治療を受けさせてあげたい!!
できれば痛みをとってあげたい!!
ですよね。

人間みたいに『健康保険制度』がないから病院代は高い。

そんなときのために準備しておきたい『ペット保険』。

今回は、そのペット保険について補償選びのポイント3つ、
私なりにまとめてみました。

加入時の参考にでもしていただけると嬉しいです。

考え方は人間の保険選びと一緒!!
何を重視するのか。

保険料??通院??入院??手術??
それとも本当に大きな病気になったときの治療費??

すべて重視したいのは、やまやまですが
そうすると保険料がめっちゃ高くなります。

とりあえず保険料のことも考えて
優先順位をつけることをオススメします。

うちの子は通院治療が圧倒的に多いから、

通院を重視しよう!!とか。

入院や手術で高額治療になると困るから、
通院時は諦めて入院と手術を重視しよう!!とか。

このように条件を絞っていくと選びやすくなります。

補償割合に注意

補償割合が大きくなればなるほど、保険料は高くなります。

たとえば補償割合が医療費の70%であれば、
残り30%が自己負担です。

補償割合が50%の会社は保険料も安いですね。
差額を貯金で賄うのもありなのでは・・・。

細かな条件

人間の医療保険も、たいがい細かな条件が付いてる商品がありますが、
負けず劣らずペット保険にもかなり細かな条件がついています。

これ、本当にすごいあるんですよ…
これが原因で選びにくいんじゃないですかね。

…ってことは…
ここをしっかり抑えておけば、より絞れますね。

この条件をどこまで許せるか…を考える!!

●加入年齢
●更新可能年齢
●年間補償の上限金額
●通院、入院、手術の制限
たとえば…1回15万、年間2回とか。
1日1万、年間22日とか。
制限がないところもあります。

保思いっきり私的な意見ですが…

険料と通院を重視している私が選ぶなら

ガーデンの『プラチナ70%プラン』ですかね。
保険料が安い割には補償も手厚い。
年間補償の上限額が70万で、通院、入院の制限もない。

まとめ

保険選びで何が大事かって、
『補償の内容をしっかり把握している事』だと思うんです。

『知らなかった~~』『出ると思ってたのに~~』

これが1番もったいないことだと思います。

何が対象になっていて、何の時には保険対象外になっているのか。
対象になっていないのであれば、どのようにして備えるのか。

それは貯金かもしれませんし、また違う何かの方法かもしれません。

そこさえ抑えていれば、
案外どの保険に加入しても大丈夫なのかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする