ノートパソコンが破損!!『動産総合保険』で補償できます!!

ノートパソコンは持ち運びができ、お仕事などで
パソコンを利用する人にとっては、かなり便利なアイテムですよね。

便利さゆえにリスクも高いものです。

持ち運び中ノートパソコンを落として
壊しちゃった!!…ですとか…。

今回は、ノートパソコンが破損したときに
使える保険『動産総合保険』についてお伝えします。

火災保険の『破損・汚損』の補償では対象となっていない財物を
補償の対象とすることができる

ノートパソコンの1番のリスクといえば
突発的な水濡れや破損じゃないですか??

そこを補償してもらえるのは助かりますよね。

補償してもらいたい物だけに保険をかけることができる

ピンポイントで保険をかけることができるので、
保険料が安くすみます。

たくさん保険をかけておきたい物があると、
一つ一つかけるので、逆に保険料は高くなっちゃいます・・・。

『動産総合保険』の補償範囲

動産総合保険の補償範囲は、めちゃくちゃ広いです。

『オールリスク担保』といい、約款で

『保険金を支払わない場合』の事項を除き、
すべての損害が対象となっています。

では『保険金を支払わない場合』

①戦争、内乱、武装反乱等の暴動で壊れた。

②公共団体による差押えや没収中の損害

③自然消耗、劣化

④貸してる間の損害

⑤汚染された物の放射性に関する損害

⑥故意、重大な過失による損害

⑦加工後の損害

⑧親族の故意、過失

⑨修理中や清掃時の損害

⑩電気的、機械的事故

⑪詐欺

⑫置き忘れ、紛失

⑬地震、噴火、津波

⑭水災(台風、暴風雨、洪水、土砂崩れ、落石)

※特に考えられやすい損害に下線を引いています。

以上が約款で決められている
『保険金を支払わない場合』です。

コレ以外の損害は対象となる!!
ということですね。

加入時の注意点

補償の設定金額は、時価です。

購入してから年数が経過するにつれ、価値はさがっていきます。
新しく買い直せる金額というワケではありません。

たとえ30万で購入したノートパソコンだったとしても、
年数が経過し市場価値が10万になっていれば、
補償の価格も10万です。

なので更新時には、補償額の見直しが必要になってきます。

年々価値もさがってくるので、
ずっとかけ続けておく必要はないと思います。

購入してから1~3年程度保険に加入しておくのも
アリかもしれませんよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする