事故で保険を使う!等級が下がる場合と下がらない場合

自動車保険には、等級という

割増引制度があります。

この等級…保険を使うことがなければ

一年に1等級ずつ上がっていきます。

最高は20等級で、なんと63%の割引があり、

最低は1等級で、64%の割増です!!

ちなみに、はじめて自動車保険に加入するときは、

6等級からスタートになります。

事故で保険を使うと、この等級が下がってしまい、

翌年の保険料が上がるのです。

保険を使うと必ず等級が下がるのか…というと

そうではありません。

保険を使ったとしても、等級が下がらない場合もあるのです。

今回は保険を使ったとき、等級が下がる場合と、

下がらない場合をお伝えします。

等級が下がる場合

1回の事故で下がる等級は、3等級の場合と1等級の場合とがあります。

3等級下がる事故

『対人賠償』『対物賠償』『車両保険』

1等級下がる事故

『車両保険』

『車両保険』は、自分の車の修理を保険でなおす補償です。

『何の理由で車両保険を使ったか』で、3等級下がるか、1等級下がるか

別れます。

もっと詳しくみていきましょう。

3等級下がる車両保険…

自損事故(単独事故)・当て逃げ・自転車や原付との衝突・車同士の衝突

1等級下がる車両保険…

いたずら・窓ガラス破損・物の飛来・火災・台風・洪水・盗難

こんな感じです。

※1回の事故で、対物のみの保険使用でも

対人・対物・車両保険のすべての保険使用でも

3等級下がるのは同じです。

※保険で使った金額も関係ありません。

1万円でも1千万円でも一緒です。

等級が下がらない場合

『対人賠償』『対物賠償』『車両保険』以外のすべての特約は

使ってもカウントされません。

もちろんファミリーバイク特約で『対人賠償』『対物賠償』を

使っても大丈夫です!!

ファミリーバイクは特約なので♪

まとめ

車両保険を付帯されていても、

使うと保険料が上がるということもあって、保険を使わず修理される人も

いらっしゃいます。

でも、飛び石でフロントガラス破損となると

たった1等級下がるだけなので、使ってもフロントガラスの修理代よりは

上がる保険料のほうが安いと思います。

せっかく入っている保険なので、何事でも

自己判断ではなく、ぜひお問い合わせいただきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする