車両保険、いつまでかける??

車両保険は、自分の車が『ボコっ』となった時の修理費を補償します。

補償は主に『一般』『車対車+A』の2つ。

○『一般』

自損事故も当て逃げもいかなる場合でも、修理費を補償します。
(故意や、故障はダメ)

○『車対車+A』

車同士の衝突の場合(相手が確認できる場合のみ)、物の飛来(飛び石等)、自然災害の時の修理費を補償します。
自損事故と当て逃げは対象となりません。
『一般』より保険料が安いです。

さて、この車両保険ですが、一度かけると外すタイミングに迷います

今回は、車両保険をいつまでかけるか…その考え方をお伝えします。

迷ったときの参考にしていただけると嬉しいです。

車体価格とローン

車両保険に加入するときには、加入する車の車体価格を設定します。

だいたい購入金額です。

この設定金額は、毎年下がります。
ずっと同じ価値ではなく、価値は減少していきますね。

価格が50万以下になるまでは、いろんな要素を見ていきます。

○ローンが残っている

車両が全損になってしまった場合、

車両は無いけどローンが残る…もしくは
車両の修理代+残りのローン支払い…みたいな。

このようなケースは車両保険をまだかけておいた方がいいかな…と思います。

逆にローンが残っていなければ、廃車にして購入しなおす選択もアリかな。

価格が20万まで下がると、
個人的にはもういいのかな…と思います。

車両価格が保険の補償範囲なので、20万だと20万が修理上限額となるワケです。

車両保険を使うと翌年の等級も下がります
車両保険に加入する事により、毎月の保険料も高いですし。

となると、もういらないかな…。

参考までに・・・
愛車が平成2年っ子の私の例

車両保険の範囲は『車対車+A』にし、保険料を抑えています。
車体価格は市場に出回っている価格で現在80万。

残りのローンが30万程。(早く終われ!)

貯金は目的があるので、修理代に使うことはできません。

自損事故の場合、当て逃げの場合は自腹となりますので
細心の注意を払います。

○落ち着いて運転する
○駐車場は停めやすい場所にする
○危険と判断する車の近くに駐車しない(笑)

可能性が高いのは、車同士の衝突と飛び石かなと思っています。
(住んでる地域は、比較的自然災害の被害リスクは低いのです。)

どんなにこちらが注意していたとしても
相手がいる場合は、わかりません。

相手不注意の事故でも、動いている以上自分も過失が出てきます。

飛び石も、どっから石が跳ねてくるかわかりませんし。

私は、とりあえずローンが終わり
買い替えを検討し始めたら、車両保険を外そうと思っています。

…外した瞬間事故するって言われますが…
まぁ、気にしません!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする