車両保険の免責ってなに??どうやって決めるの??

自動車
スポンサーリンク

まず『車両保険』とは、あなたの車の修理代を

保険で払います!!という補償です。

 

※事故と関係のない故障については

対象になっていないので注意してください。

 

(車両保険の種類についてはまた別の機会でお伝えします。)

 

この『車両保険』、加入するときには

『免責』というのを決めないといけません。

 

今回は、その『免責』『金額』について詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

そもそも免責とは

 

『免責』とは、字の如く

責任を免除していることです。

 

これは、保険会社側からみていますね。

 

わかりやすくいうと、

保険会社に支払う責任はないので、その部分だけは、ご自身で払ってくださいね。

・・・ということです。

 

その、『ご自身で払ってくださいね』の金額を

『免責金額』といいます。

 

免責金額はいくら??

 

では、『免責金額』ですが、

 

免責金額(自分の負担額)は

0万、3万、5万、10万

から決めることができます。

(保険会社によって違う場合もあるので確認してください。)

 

0万にしておくと、自分の負担額はナシ

車の修理代は保険会社が負担します。

 

5万にすれば、自分の負担額は5万です。

例えば、

飛び石でフロントガラスが割れちゃったとします。

フロントガラスの修理代が12万だとすると、

そのうち5万は自分が負担するようになります。

残りの7万を保険会社が負担します。

 

上記の例でいえば、10万の免責にしておくと

ほぼ自分が負担するようになるということです。

 

さらにこの『免責』ですが、

1回目そして2回目以降の免責金額も決めないといけません。

 

これは、保険期間1年間に限った条件です。

 

例えば、

1回目は0万、2回目以降は10万の自己負担額・・・

ですとか。

 

☆1回目0万ー2回目以降0万

☆1回目0万ー2回目以降10万

☆1回目5万ー2回目以降10万

 

この限りではありませんが、ざっとこんな感じですかね。

 

保険料はどうなる??

 

気になる保険料ですが、

当然、自己負担額が多くなればなるほど

保険料は安くなります

 

上記☆印でみてみましょう。

 

☆1回目0万ー2回目以降0万

☆1回目0万ー2回目以降10万

☆1回目5万ー2回目以降10万

 

3つの例の中で、1回目も2回目以降も

自己負担額がある3番目の例は、

この中で一番保険料が安くなるということです。

 

では、どうやって免責金額を決めるのか・・・

設定金額の考え方

 

正直なところ、設定金額の考え方は

いろいろだと思います。

これは、私の考え方になるので参考程度にみてください。

 

車両保険を使うと、翌年の保険料は上がります

どの程度上がるかというと、おもいっきり概算ですが

今の年間保険料の約倍ほどです。

(しつこいですが、おもいっきり概算ですよ。)

 

もちろんその後保険を使わなければ、保険料も少しずつ下がっていきます。

ですが、だいたいそのくらいの保険料が3年間続きます。

(1年間だけ高くなるときもありますが、その説明もまた次回)

 

ってことは・・・

 

バンパーちょっと擦った!!

板金で直したら4万だったーー。

 

こんな場合・・・車両保険を使うと

翌年の保険料のが高くなってしまうワケです。

 

修理代がいかなる場合でも

『5万以内なら自分で払う』と決めていれば、

免責5万にしてもいいかもしれません。

 

あるいは、車両保険を使うのは大きな修理代がかかったときだけ(><)

でも、使うときには全部保険会社にお願いしたい!!

だから免責0万にしておく・・・とか。

 

さらに2回目以降は、完全自業自得ということで

10万の免責をつける・・・とか。

 

本当にいろいろと考え方があると思います。

まとめ

 

この免責金額、あまり考えず設定される方が

非常に多いです。

わかっていて設定しているならいいのですが、

知らなかった!!という場合があるのも事実です。

 

気分的なこともあると思いますが、

知ってると知らなかったでは大きな違いがあると思います。

 

ぜひ、『こんなことになったら!!』を、

想定しながら選んでみてください。

 

・・・ちなみに私の車両保険の免責は

1回目0万ー2回目以降10万です・・・。

参考までに☆

自動車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hanah1761をフォローする
スポンサーリンク
今年で営業一筋15年目の保険屋の知恵