自動車保険、 車検証の名義が他人でも加入できる?

自動車
スポンサーリンク

車を他人から譲ってもらえるのは非常に助かりますが、自動車保険に加入しないといけません。

自動車保険に加入するときには、保険をかける車の車検証が必要になります。

 

しかし、譲ってもらったその車・・・。

車検がある間だけ乗るつもりとか、次の車を購入するまでの間だけ乗るつもりですとか、長期間乗ることがなければ車検証の名義を変更するのは億劫です。

 

とはいえ車検証の名義が他人であった場合、自動車保険に加入できるものか気になりますね。

 

今回は、車検証の名義が他人のままで自動車保険に加入できるのかどうかをお伝えします。

 

スポンサーリンク

自動車保険、車検証の名義が他人のまま加入は可能?

 

自動車保険は、車検証の名義が他人であっても加入することは可能です。

しかし車検証の名義は本来、保険の契約者か被保険者(車を主に運転する人)でなければいけません。

 

では、どのようにして他人名義の車の自動車保険に加入するのか。

 

自動車保険に加入するときには、車検証のコピーが必要になります。

(車検証の提出が必要ない保険会社もありますので、加入する保険会社に確認してください。)

車検証のコピーを提出しなければならない場合、保険会社は自動車保険の契約者と車検証の所有者が相違ないかを確認します。

車検証の名義人と、自動車保険の契約者または被保険者が違っている場合には契約者に『一筆』を書いてもらう必要があります。

 

一筆とは、

『車検証の所有者は自分ではないけど、譲ってもらったときの名義残りです。』

という類の文言です。

 

この一筆を書いておくことで、保険会社に『実際の所有者は自分だよ!』ということを示すことができます。

 

だから、車検証の名義が他人であっても自動車保険に加入することは可能なんですね。

 

車検証の名義が同居親族

 

車検証の名義が同居親族の場合であれば、一筆の必要はありません。

たとえば、

車の名義人がお父さん、自動車保険の契約者が子供・・・

このように親子関係があれば、車検証の名義が違っていても問題ありません。

 

子供が親から車を譲り受けて、乗っている場合はよくあることです。

 

自動車保険、車検証の名義が他人のまま加入する場合は注意が必要!!

 

自動車保険は、車検証の名義が他人でも加入することができますが注意が必要です。

本来、車検証の名義人と自動車保険の契約者または被保険者は同じでないといけません。

 

車検証の名義が違う場合は、自動車保険に加入するとき『車検証の名義は違うけど、実際の所有者は自分です』の一筆が必要ですが、その文言はずっと有効ではありません。

 

保険会社は、近々車検証の名義変更をするものだと決めつけています。

 

車検証の名義が他人のままだと、実は使えない補償があるのです。

 

車両保険は使えない

 

車検証の名義が他人のままだと、車両保険は使えません

車両保険は、車が事故でキズが付いたり故障したときの補償です。

 

補償されるのは、車検証の所有者であり自動車保険の契約者または被保険者です。

 

自動車保険の契約者は自分であっても、車検証の所有者が他人なので補償されません。

 

仮にディーラーや自動車ローンの信販会社が車検証の所有者であった場合でも、使用者欄は自分になっていると思います。

車検証には、所有者欄と使用者欄があるのです。

 

譲り受けた車は、車検証の名義変更をしない限り所有者欄も使用者欄も他人の名前になっているはずです。

 

ですから車両保険に加入しても使えないので、車検証の所有者を他人のままで自動車保険に加入するのであれば車両保険は外しておきましょう。

 

もちろん、車検証の名義変更をするつもりがなければ・・・です。

 

後日、名義変更をする予定があるのでしたら大丈夫ですが。

 

他車運転特約は使えない

 

他車運転特約も、車検証の名義が他人であれば使うことができない特約です。

他車運転特約とは、他人の車を運転し事故をしてしまった場合には自分が加入している自動車保険が使えるという特約です。

 

これも、車両保険と同じ考え方となります。

 

他車運転特約を使うときは、運転していた車の車検証と自分の車の車検証を保険会社に提出する必要があります。

 

車検証の名義が他人のままだと、

『あら?車検証の名義が変わってないじゃん?本当にあなたの車ですか?』ってことになってしまうんですね。

 

ですので、車検証の名義を他人のままにしておくのであれば他車運転特約も使えない!ということも忘れないでください。

車検証の名義変更はしておいたほうがいい

 

車検証の名義が他人であっても、自動車保険は非常にグレーな感じで加入ができてしまいます。

しかし、実際の所有者が車検証の名義人と違う場合はトラブルになることもあります。

なぜならば車にまつわるトラブルの責任は、車検証の所有者にあるからです。

たとえば、
駐禁ですとか・・・
スピード違反ですとか・・・

現行犯であれば、運転している人の責任となります。

 

ですが自分がその場にいないときの駐禁や、オービスに写り込んでしまった場合などは、実際の運転者ではなく車の所有者に免許の減点や罰金がいってしまいます。

 

好意で譲ってもらったのに、かなりの迷惑がかかってしまいますね。

 

自動車保険、車検証の名義が他人であっても加入することはできますが上記のようなトラブルになっては大変です。

 

車を譲り受けたら、車検証の名義変更もしておくほうが本当はいいというところですね。

 

自動車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hanah1761をフォローする
スポンサーリンク
今年で営業一筋15年目の保険屋の知恵