事故した相手が無保険、車の修理代どうなる?

自動車
スポンサーリンク

相手のある事故を起こしてしまったとき、頼りになるのが自動車保険です。

しかし世の中には、自動車保険に加入せず車を運転している人も少なからず存在します。

 

損害保険料率算出機構のデータによると、87%の人が自動車保険や自動車共済に加入しているとしています。

残り13%ほどの人が、未加入ではないかということになります。

まぁ、そうでしょうな・・・という数字でした。

 

では、運悪く事故した相手が無保険だった場合どうしたらいいのでしょうか。

車の修理代は払ってくれるのか・・・。

今回は事故した相手が無保険だった場合、自分の車の修理代はどうなるのか・どう対処していくのかをお伝えします。

スポンサーリンク

自賠責からの補償は??

強制保険である自賠責保険は、車検を受けて走らせている車であれば必ず加入しています。

自賠責保険の範囲は

 ・なくなったとき

 ・後遺障害が残ったとき

 ・ケガをしたとき

に、相手の身体に対して賠償する保険です。

 

もし、自分が無保険自動車との事故でケガを負ってしまった場合は、相手の自賠責保険から補償してもらいます。

しかし、自賠責保険は『物』に対しての補償は対象外となっています。

事故により、自分の車が修理の必要な状態になってしまうと車の修理代は相手の自己負担で直してもらわなければなりません。

事故をした相手が無保険、修理代はどうしてくれる?

相手が無保険でもしっかり修理代を補償してくれるならば問題ありません。

 

しかし・・・しっかり補償してくれるような人であれば、そもそも自動車保険に加入してるんじゃないの?って感じですよね。

では、自分の車の修理代はどうなるのでしょうか。

 

車両保険に入っている

 

自分が車両保険に加入していれば、先に修理代を保険会社が支払ってくれます。

互いに過失が発生した場合、自分の過失割合分は自分で負担しなくてはなりません。

 

しかし、車両保険は自分の過失分を補償する保険なので自分が修理代を負担する必要がありません

相手の過失分を保険会社が立て替えて先に支払ってくれるので、相手の支払いを待たなくてもすぐ修理することができます。

 

さて保険会社が立て替えた、相手が支払うべき修理代はどうなるかというと・・・。

立て替えた修理代は、保険会社から相手に請求するようになります。

 

この流れが自分にとって一番ベストですね。

 

自分は車も修理できているので、後は保険会社に任せておけばいいだけです。

 

車両保険に入っていない

 

これは問題となってきます。

 

自動車保険に加入していると、『示談交渉サービス』が付帯されています。

過失割合の決定と、相手との交渉、そしてその結果である示談書を取り付けてくれます。

 

示談書とは簡単にいうと、『事故の内容に間違いありません。自分の過失を了承しました。』といった内容で、法的効力を持つ文書です。

 

しかし、車両保険に加入していなければ保険会社ができることはここまでです。

保険会社も加入していない補償のフォローまではしてくれません。

 

示談書を取り付けているのに、払おうとしないことは多々あります。

 

支払ってくれない修理代は自分で請求しに行かなくてはなりません。

 

この労力は半端ないと思っています。

 

なにが困るって、お金を支払わないと修理ができません。

車屋さんに、いつまでも修理ができない車を預けておくワケにもいかないと思います。

自分もへこんだ車に乗り続けるのはイヤですよね。

 

では、どうするか・・・

それは示談書を持って、弁護士さんに相談するしかありません。

このようなケースは自分にできることも限られてしまいます。

弁護士さんに相談することにより費用が当然かかるので、回収する金額が小さければ痛手となってしまいます。

 

自動車保険には、『法律相談費用』という特約があります。

これは『弁護士費用特約』とは別で、自動付帯になっている保険会社もあります

法律相談費用は10万ほどです。

 

加入している保険会社に問い合わせてみてください。

もしかしたら自動付帯になっているかもしれません。

無保険の相手に対しての賠償

お互いに過失がある事故であれば、相手が無保険だろうと自分の過失分は相手に補償しないといけません・・・。

 

(そちらが払ってくれてから補償しますよ・・・と言いたいとこですが。)

 

お互いの修理費は相殺払いが主となります。

 

たとえば、

自分の過失40:相手過失60の場合で

・自分の車の修理代50万

・相手の車の修理代30万

として、

 

自分の車の修理代50万のうち40%は自分が負担します。

20万が自己負担分で、残り60%の30万は相手が負担します。

 

相手の車の修理代も同じ考えで、30万のうち自分が負担するのは40%の12万です。

残り60%の18万は相手の負担です。

 

これを相殺します。

相手から支払ってもらう30万から自分が相手に支払う12万を引くと18万。

18万を相手の人から補償してもらうようにします。

無保険自動車に対する対策

一昔前の自動車保険の加入目的といえば、相手への賠償でした。

ところが今は、相手への賠償と自分を守るために加入する方向になっています。

 

ここでは、無保険自動車から自分を守るための補償を紹介します。

 

弁護士費用

 

弁護士費用は、保険会社が介入できない案件に役立ちます。

上記でも記載しましたが、なかなか賠償金を支払ってくれない場合は『提訴』する必要があります。

しかし、弁護士さんにお願いすると費用がそれなりにかかってきます。

腹立たしいですが、それを諦めてしまうと泣き寝入りになってしまうのです。

 

そうして支払いから免れた無保険者は、自動車保険に入らずまた同じことを繰り返すのです。

 

きっちり払ってもらいましょう!

 

弁護士費用について詳しくはこちら

自動車保険に弁護士費用が必要だという理由
自動車保険にも、いろいろな『特約』を付帯することができます。 しかし、特約名を見ただけでは、 何が起きたときに、どのように役に立つのか、 それは自分に必要なのか、不必要なのか・・・ わからないことも多いと思います。 ...

 

車両保険

 

車両保険は、自分の車に対しての補償です。

車の価格が低ければ、加入していない場合もあると思います。

 

しかし、まさかこんなところでも必要性があるなんて!!というところですね。

車体価格が50万以上の場合は加入を考えてみてください。

 

車両保険に加入すると、確かに保険料が上がってしまいます。

今入っている自動車保険で付帯した場合、保険料が高いようでしたらネットの保険を視野に入れてみるのもいいかもしれません。

 

無料で一括見積ができるので参考にしてください。

 

車両無過失事故に関する特約

 

車両無過失事故に関する特約は、車両保険に加入している場合に付帯できる特約です。

たとえば、

信号待ちで後ろから追突されたとします。

この場合、自分には過失がないので自分の保険を使う必要がありません。

 

すんなり車の修理代を支払ってくれるのなら問題ないのですが、相手が無保険自動車でなかなか支払ってくれない場合は困ります。

車の修理もできません。

 

そんなときは自分の車両保険を使うという方法がありますが、そうすると保険を使うことになりますので、翌年の保険料が上がってしまいます

 

なんで自分は悪くないのに!!!

 

と思いますよね。

この車両無過失事故に関する特約は、自分は悪くないのに車両保険を使わないといけなくなった・・・そんなときは等級は下がりませんよ!という特約です。

 

この特約は、比較的新しい特約です。

『車両保険無過失事故に関する特約』詳しくはこちら

被害事故で役立つ補償、【車両保険無過失事故に関する特約】
『車両無過失事故に関する特約』は、比較的新しい特約です。 この『車両無過失事故に関する特約』ですが、被害事故(一方的に被害を被った場合)に役立つ補償となります。 今回は被害事故で役立つ補償『車両無過失事故に関する...

 

弁護士費用も出来てまだ16年ほどの特約です。

 

このような特約を作らないといけなくなった時代なんですね。

 

てか、ガソリン入れるお金があるなら保険も入っとけよ!ってことなんですけどね。。。

 

でも、私は思うのです。

もしかしたら、無保険自動車の中には、自動車保険に入りたくても入れないという事情がある人もいるのではないかと・・・。

 

実際保険会社が引受けない契約もあるのです。

よほどのことがない限り、保険会社は1等級の契約は引受ません。

 

1等級といえば、事故三昧の契約です。

その契約を引き受けるということは、保険会社としてもリスクが大きいというワケです。

 

まぁ、だとしても保険に入っていないのであれば運転を控えるべき。

 

任意保険は任意ですが、強制でもいいんじゃないかと思います。

 

自動車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hanah1761をフォローする
スポンサーリンク
今年で営業一筋15年目の保険屋の知恵