自動車保険、運転者『家族限定』廃止!でも『家族限定』できる保険会社もある!

自動車

2019年1月から代理店型の大手損保会社が、自動車保険の運転者限定の『家族限定特約』の廃止となります。

代理店型の大手損保会社とは

東京海上日動

損保ジャパン

AIG損保

共栄火災海上

あいおいニッセイ

などです。

2019年1月から自動車保険の保険料や補償内容が大きく改定となり『運転者家族限定』の廃止も改定の中の一つです。

ちなみに代理店型の保険会社というのは、保険会社と契約者の間に『保険代理店』というのが存在している保険会社です。

契約をするときには必ずこの『保険代理店』を通して契約することになります。

 

代理店型の保険会社は『代理店手数料』たるものが保険料にプラスされているので、保険料も高いのです。

 

運転者の限定『家族限定』がなくなると…

では今、運転者の限定を『家族限定』にしている人は今後どのようになるのでしょうか。

たとえば

・同居の子供と車を共有している

・別居の未婚の子供も運転できるようにしている

・同居している両親と車を共有している

・同居している兄弟で車を共有している…など

『運転者家族限定』の廃止となってしまう保険会社で加入していると、『運転者限定なし』に変更しなくてはなりません。

これは家族以外の誰が車を運転しても、その車にかけている自動車保険がつかえるよ!ということです。

 

運転者の限定『家族限定』ができる保険会社はこちら!

『運転者限定なし』になると運転者の範囲が広がるよってことですが、家族以外の他人が運転することはない!という場合・・・

ただ保険料だけが上がってしまうということになってしまいます。

そんなのイヤです。

そこで、調べました・・・『家族限定』ができる保険会社を!

・イーデザイン損保(東京海上日動系)

・チューリッヒ

・三井ダイレクト

・SBI損保

これらの保険会社は、ネットで加入できる保険会社です。

ネットで加入できる自動車保険は、そもそも代理店型の保険会社に比べると保険料が安いです。

・・・代理店を通さず契約できるので、その保険料に『代理店手数料』たるものがプラスされていませんから・・・。

 

同居している家族が車を運転する場合は、断然『家族限定』ができる保険会社のほうがお得ですよね。

▼自動車保険一括見積もり▼

同居ではない、別居の子が運転する場合は『おとなの自動車保険』!

 

同居している家族の運転は夫婦二人だけだが、別居の子ども(別居で未婚の子どもに限ります)も運転できるようにしている・・・ということであれば、オススメは『おとなの自動車保険』です。

 

『おとなの自動車保険』でも家族限定は廃止となっているのですが、『本人・配偶者限定』の中に、なんと『別居の未婚の子』も補償範囲に入っているのです。

そんなことができる自動車保険があるなんて!・・・正直おどろきました。

このケースにドンピシャのご家庭だと、ありがたい保険会社です。

▼自動車保険一括見積もり▼

『別居の未婚の子』詳しくはこちら

自動車保険『別居の未婚の子』とは?補償範囲はどこまで?
自動車保険でよく聞く『別居の未婚の子』とは・・・ 一度も結婚した事のない、なおかつ別居している子供の事です。 たとえば、 子供が県外の大学に進学した。 子供が県外に就職した。 近くにいるけど、子供は...

『家族限定』廃止、自分の契約が適用されるとき

2019年1月から改定となりますが、1月になったら『家族限定』にしている人が急に『限定なし』になって、誰が運転しても保険が適用されるのかというと、そうではありません。

運転者の『限定なし』になるのは、自動車保険の満期を迎え更新してからになります。

たとえば自動車保険の満期が2019年3月5日であれば、2019年3月5日からです。

2018年12月20日満期で更新をしている人だと、2019年12月20日から変更となりますね。

自分の自動車保険の満期から変更となるので、注意してくださいね。

満期が9月なのに、1月から改定になるといって他人に運転させても保険はつかえません。

ちなみに3年や5年の長期契約にしているとラッキーですね。

満期まで『家族限定』の保険料が適用されています。

 

運転者家族限定特約廃止に伴う保険料

今まで運転者を『家族限定』に設定することにより、運転者『限定なし』より保険料を安くすることができていました。

 

それが運転者の『限定なし』になることで、保険料は『家族限定』にしていたときよりも高くなってしまいます。

どの程度高くなるかというと・・・

保険会社によって多少変わってきますが、概算で年間2,500円~3,000円前後だと思います。

冒頭にも書きましたが、2019年1月から運転者の『家族限定』廃止以外にも補償内容、保険料の改定が入っています。

補償内容によっては、それ以上に保険料が高くなってしまうケースもあるでしょう。

 

運転者『家族限定』の廃止で保険料が高くなるなら、見直しを!

上記にも書きましたが、ネットで加入できる保険会社では『家族限定』ができる保険会社も多々あります。

 

一括見積もりでは、希望の運転者を入力することができるので、必然的に家族限定ができる保険会社がヒットします。

さらに保険料の比較もできちゃうので、一番安くてピッタリな自動車保険に出会えますよ。

 

最短5分で簡単に見積もりできます。

▼自動車保険一括見積もり▼