人身傷害の保険金額の決め方

考えたことありますか??

だいたい3000万か5000万に加入されてる方が多いです。

それはなぜですか??どのようにして金額を決めたのでしょう?

今回は『人身傷害』の補償内容と保険金額の決め方を

お伝えします。

最低補償金額

引受には最低保証金額が決まっています。

3000万が最低となっていますので、それ以下は設定できません。

強制加入の補償

個人契約の自動車保険では、

『人身傷害』は強制加入の補償となっている保険会社が多いです。

補償内容

『人身傷害』特約は自分と同乗者のケガの補償です。

自分の過失に関係なく、治療費等にかかったお金が補償の対象となります。

亡くなった場合は補償金額までが対象となります。

5000万と設定しているから5000万ではなく、

5000万までが補償の対象です。

金額の決め方

自分の環境を思って下さい。

世帯主なのか、独身なのか、子供がいるのか、いないのか・・・。

亡くなった場合は、生命保険も補償してくれます。

世帯主であれば、遺族年金もあります。

問題なのは中途半端に生きたときです。

事故の後遺症で、お世話が必要になったときを考えて計算します。

子供のいる世帯主で考えると…

60歳までの年数×年収

せめてこの金額は確保しておいた方がいいのかな…と思います。

その他、医療費、お世話にかかる費用は障害年金という

国の補償にお任せしましょう。

あなたの場合はいくらでしょうか・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする