自動車保険の等級とは!こんなことになっている

自動車
スポンサーリンク

自動車保険には、『等級制度』というものがあります。

 

これは、自動車保険料の割引・割増を表します。

保険料の『軸』となっている数字ですね。

 

今回は、自動車保険の『等級』とは何なのかについて、わかりやすくお伝えします。

 

スポンサーリンク

自動車保険の等級制度

 

自動車保険の等級は1等級~20等級があります。

 

初めて自動車保険を契約するときは『6S等級』からスタートします。

ちなみに、この6等級も2つに別れていて『6S等級』『6F等級』に区分されています。

 

『6S等級』は、初めて契約するときの等級ですが、『6F等級』は前年も契約をしていたという等級です。

 

なぜ前年に契約があったのに6等級かというと、自動車事故をしてしまい保険を使ったからです。

 

『S』がつく等級は、初めて自動車保険を契約した場合

『F』がつく等級は、前年も自動車保険の契約があった場合

 

この等級は20等級に近くなるにつれ、割引率が高くなり保険料が安くなっていきます

 

事故で保険を使わなければ1年に1等級ずつ上がるくしくみになています。

 

割引等級

 

割引となる等級は、4等級から。

 

4等級 2%割引
5等級 13%割引
6F等級 19%割引
7F等級 30%割引
8等級 40%割引
9等級 43%割引
10等級 45%割引
11等級 47%割引
12等級 48%割引
13等級 49%割引
14等級 50%割引
15等級 51%割引
16等級 52%割引
17等級 53%割引
18等級 54%割引
19等級 55%割引
20等級 63%割引

 

6等級から7等級、7等級から8等級、19等級から20等級にあがるときは、劇的に割引率が上がっています。

 

20等級の割引率は63%もあります。

これは半額以下ですねー。

 

そしてこの割引率は、ほぼ全保険会社共通といえます。

途中で保険会社を変更すると、等級も割引率も同じで引き継ぐことになります。

 

まぁ同じ等級で同じ割引率でも、保険料は各社で違いますけどね・・・。

 

割増等級

 

等級は割引だけではありません。

3等級から下の等級は、割増の等級になります。

 

3等級 12%割増
2等級 28%割増
1等級 64%割増

 

1等級は、ヤバイです。めちゃくちゃ高いです。

 

初めて自動車保険を契約するときは、6等級です・・・ということは、6等級以下の等級は、事故をしているということです。

 

保険会社によっては、等級が低い契約に関して加入条件が付いてしまう場合があります。

 

たとえば、対物賠償の自己負担額が10万ついている・・・とか・・・。

 

これは、10万以下の支払いがある事故なら保険が使えないということです。

 

保険会社も事故が多い契約はリスクが高いとして、少しでも契約者に負担していただこうということなのでしょう。

 

ちなみに、1等級になると引受すらしてくれない保険会社もあります。

 

・・・なんのための保険だよ・・・ってトコだとは思いますけど。

 

 

事故有等級

 

『事故有等級』とは、事故で保険を使った場合の等級です。

 

たとえば、同じ17等級だとしても保険を使わなかった17等級と保険を使った17等級の割引率は違うということです。

 

そして、この事故有等級が適用されるのは7等級からです。

 

7F等級 20%割引
8等級 21%割引
9等級 22%割引
10等級 23%割引
11等級 25%割引
12等級 27%割引
13等級 29%割引
14等級 31%割引
15等級 33%割引
16等級 36%割引
17等級 38%割引
18等級 40%割引
19等級 42%割引
20等級 44%割引

 

事故をして保険を使うと一気に3等級下がってしまいます。

 

この事故有等級はいつまで適用されるかというと、事故後3年間です。

 

たとえば、20等級で事故をして保険を使った場合に翌年の等級は17等級になります。

 

だけど、普通の17等級(53%割引)ではなく、事故有等級の17等級(38%割引)となってしまうのです。

 

そしてその後3年間は、事故有等級として進んでいくのです。

上記のケースだと、

17等級(38%割引)→18等級(40%割引)→19等級(42%割引)です。

 

そして20等級で元の63%に戻るのです。

 

17等級なのに、8等級の人より保険料が高いという。

自動車保険を使って等級が下がる場合

自動車保険を使うと必ず3等級が下がるのか・・・というと、そういうワケではありません。

3等級下がる場合もあれば、1等級だけ下がる場合があります。

また、自動車保険を使っても等級が下がらない補償もあるのです。

 

自動車事故で保険を使った場合の等級はこちら

事故で保険を使う!等級が下がる場合と下がらない場合
自動車保険には、等級という制度があります。 この等級・・・保険を使うことがなければ1年に1等級ずつ上がっていきます。 最高は20等級で63%の割引があり、最低は1等級で64%の割増です。 (たとえば20等級が2万...

 

事故で保険を使った後に解約!等級はどうなる?

 

自動車事故で何度も保険を使ってしまった!

1等級になってしまった!

このような場合、一度保険を解約して入り直せば最初の6等級からスタートできるのか・・・気になりますね。

しかし解約してすぐ自動車保険に入り直したとしても、6等級からスタートすることはできません。

それは、違う保険会社で入り直したとしてもです。

6等級以下の等級は、どこで入り直してもその等級を引き継いで加入するようになります。

等級のリセットは、できないのです。

自動車保険、事故あり等級をリセットする方法
事故を立て続けに起こしてしまった。 そのため自動車保険を何度も使ってしまった。 次の更新では等級が1等級になってしまう。 事故で保険を使いすぎて自動車保険料がかなり高い! そんなとき、自動車保...
事故後の解約。等級はどうなる?
事故して保険使用すると『事故有等級』となります。 この事故有等級も、もちろん『中断制度』を利用することができます。 『中断制度』を利用する事により、自動車保険を解約したときの等級を10年間おいておくことができるの...

 

だけど・・・6等級以上の場合は、一度解約して加入するなら6等級からスタートです。

たとえば20等級だった自動車保険・・・保険料の支払いを忘れてしまったり何らかの理由で解約してしまった・・・このようなとき、新たに加入するのであれば6等級からスタートということになってしまいます。

せこいですね・・・。

保険料未納で自動車保険が失効してしまった!どうしたらいいの??
自動車保険が失効してしまった、 または契約解除になってしまった…など 保険が切れてしまうケースはいくつかあります。 たとえば 免許証の色の相違や、 車が変わっていたことによる 告知義務違反...

 

 

『S』がつく等級

 

『S』がつく等級は、運転者の年齢によって細かく区分されています。。

 

①6S等級

 

全年齢 21歳以上 26歳以上 35歳以上
28%割増 3%割増 9%割引 9%割引

 

全年齢とは、18歳、19歳、20歳です。

 

28%の割増になるんですね。

だから、若い人が初めて自動車保険の契約をすると高いのです。

 

②7S等級

 

全年齢 21歳以上 26歳以上 35歳以上
11%割増 11%割引 40%割引 40%割引

 

この『7S』等級も、初めて自動車保険を契約する等級なのですが『複数所有新規』という方法で契約した場合の等級になります。

2台目からの新規契約、7S等級でお得『複数所有新規』

複数所有新規とは、2台目からの新規契約の等級が7S等級からスタートできる制度です。

しかし複数所有新規で7S等級からスタートできるには、いくつかの条件があります。

複数所有新規について↓

子供が免許を取った!車が増えた! 等級を譲るとは?&複数所有新規
来春卒業の高校生、大学生たち・・・ 4月から新しい環境に向けて準備が始まりますね。 その中の1つが運転免許証の取得だと思います。 入社までに取得しておく事が、企業の必須条件になっている場合もあるようです。 ...

こちらの記事は『同居の子供』のケースになりますが、同居の親族であれば考え方は同じです。

保険会社乗り換え時に等級を引き継ぐ

 

自動車保険の保険会社を変えるときは、もちろん等級を引き継ぐことができます

 

ただし、保険期間途中の変更は『損』をしてしまう可能性もあるので注意が必要となります。

 

詳しくはこちら

自動車保険、乗り換える!等級の引き継ぎとデメリット
自動車保険を他社に乗り換えるとき、今の等級を引き継いで加入することがでます。しかし、乗り換えることによるデメリットが発生するかもしれません。他社へ乗り換えるときの等級引き継ぎ、注意点とデメリットをお伝えしています。

 

等級を引き継げれない保険

 

原付きバイクの保険から自動車保険には等級を引き継ぐことはできません。

逆もまた然りです。

原付から自動車へ!保険の等級引き継ぎできる?
今まで原付に乗っていたけど、そろそろ車の購入を考えている・・・。 ずっと原付の任意保険に加入していて等級も高い・・・。 原付で加入している任意保険の等級を、自動車保険に引き継ぎたい。 そのお気持ち、わかります!! し...

 

離婚による等級の引き継ぎ

 

離婚のときに等級を引き継ぐ場合には、いくつかの注意点があります。

離婚による等級の引き継ぎ、注意点はこちら

自動車保険、離婚のときの等級引き継ぎ注意点!
等級の引き継ぎにはルールがあります。 誰にでも引き継げるワケではありません。 『等級』を引き継ぐ権利がある人は、『同居の親族』のみです。 今回は離婚によって別居となる場合、自動車保険の変更と等級引き継ぎにつ...

 

自動車保険を解約しても等級は残る!等級の『中断』

 

車を手放すことになったとき、自動車保険を解約します。

解約したときの等級は、10年間無料でおいておくことができます。

 

これを『中断制度』といいます。

中断制度を使う場合は、自動車保険を解約するときに『等級の中断をしたい!!』ということを必ず保険会社に伝えましょう。

 

数年した後、再び車を所有することになったときには、その等級を使って契約することができます。

 

解約したときの保険会社で契約しなくても、等級は使えます。

 

他社で加入するときは、『中断証明書』の原本が必要になります。

『中断証明書』は大切に保管しておいてくださいね。

この中断証明書がない場合は、再発行をしないといけません。

すぐ納車が決まっても、自動車保険の契約が間に合わなくなってしまいます。

 

ちなみに中断証明書は、『解約・中断』の手続きをすれば自宅に送付してくれるようになっています。

自動車保険・解約したら等級はどうなるの??
自動車保険には等級という割増引制度があります。 この等級ですが、自動車保険を解約したとしても 10年間置いておくことができます。 これを『中断制度』といいます。 たとえば解約時の等級が20等級であれば、10年間20等...

等級の入れ替えはできない

 

家族間で等級を入れ替えっこしたい!!

 

これは出来ません。

 

詳しくはこちら

自動車保険の等級を入れ替えたい!
今ある車同士の等級を入れ替えることはできません。しかし、あるタイミングによって自動車保険の等級を入れ替えることができるのです。自動車保険の等級を入れ替える『タイミング』についてお伝えしています。

 

等級を入れ替えることが出来るときは、車が増えたタイミングと減ったタイミングのみです。

まとめ

 

初めて車の契約をするとき、年齢が若い、事故をしてしまった!!

このようなケースの自動車保険は高いです。

 

自動車保険の保険料が高くなる場合は、各保険会社の見積もりを取ってみるのもいいですね。

 

どこの保険会社でも等級と割増・割引率は同じです。

しかし、保険料は保険会社によって違うんです。

 

であれば、すこしでも保険料は安い方がいいですね。

自動車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hanah1761をフォローする
スポンサーリンク
今年で営業一筋15年目の保険屋の知恵