事故で保険を使う?使わない?迷った時の判断基準3つ

自動車

保険は事故が起きたときのために入るものですが、使ってしまうと翌年の保険料が高くなってしまうという…

なんとも都合の悪いものです。

翌年の保険料を考えると、保険を使うことに躊躇してしまいます。

そこで今回は事故で保険を使うか使わないか、迷ったときの判断基準についてお伝えしていきます。

事故で保険を使う?使わない?3つの判断基準

 

事故で保険を使うか、使わないか・・・判断基準は3つ

・支払う損害額

・保険期間中の事故回数

・残りの保険期間

この3つをみて、保険を使うか使わないかの判断をします。

 

判断基準①支払う損害額

事故で相手のケガや車の修理費用、また自分の車の修理費用の合計支払い額が数十万する場合は迷わず使う方向となるでしょう。

しかし数万円と微妙な支払い損害額だと、翌年からの保険料のほうが高くなる可能性があります。

 

では、いくらの支払い損害額だと保険を使っても『損』をしないのでしょうか。

支払い損害額の判断基準額は、概算ですが10万前後~15万ほど。

※この10万前後~15万以上というのは、代理店型保険会社の場合です。ネット加入の保険会社だと支払い損害基準額はもっと低くなります。

 

10万前後~15万以上の支払い損害額があるようなら、保険を使うことを視野にいれます。

 

なぜ10万前後~15万以上なのか・・・

自動車保険の『対人賠償』『対物賠償』『車両保険』を使うと3等級ダウンします。

 

※車両保険は3等級ダウン事故と1等級ダウン事故の2通りあります。

イタズラや飛び石にも対応する車両保険『限定A』とは
車両保険には、主に2つの種類があります。 一般 車対車+A この2つの種類については、こちら 車両保険の加入を考えたとき、 どちらに入るか決めないといけませんね。 しか...

(『限定A』の事故は1等級ダウン事故です。)

 

ちなみに、損害額の『多い』『少ない』は全く関係なく、1億だろうが1万だろうが1回の事故で保険を使えば3等級ダウンします。

 

『1回の事故』なので、その1回の事故で『対人賠償』『対物賠償』『車両保険』すべて使っても3等級ダウンですし、『対物賠償』のみ使ったとしても3等級ダウンです。

 

そして事故をしてダウンした等級は『事故有等級』として『事故有係数』というのがかかってきます。

 

たとえば、現在20等級だとしましょう。

対人事故を起こし、保険を使ったとすると翌年の等級は17等級となります。

保険を使わず進んできた17等級は53%の割引になりますが、事故をしてダウンした17等級は同じ等級でも38%の割引になってしまうのです。

 

17等級 18等級 19等級 20等級
保険使用なし 53%割引 54%割引 55%割引 63%割引
保険使用あり 38%割引 40%割引 42%割引 63%割引

※17、18、19等級が事故有等級となります。

 

事故がなく保険を使うことがなければ、1年に1等級進みます。

事故で保険を使う20等級の自動車保険は3等級ダウンし17等級となるので、元の20等級に戻るには3年かかりますね。

元の20等級に戻るまでの3年間は『事故有係数』がかかる期間となるため『保険使用なし』の等級より割引率が低いのです。

自動車保険の等級とは!こんなことになっている
自動車保険には、『等級制度』というものがあります。 これは、自動車保険料の割引・割増を表します。 保険料の『軸』となっている数字ですね。 今回は、自動車保険の『等級』とは何なのかについて、わかりやすくお伝え...

概算ですが、その差額は3年間で10万前後~15万ほどだということなのです。

 

目安、保険を使った翌年の1年目で今の保険料に年間4万ほど上乗せとなり、2年目は3万ちょっと、3年目は今の保険料に3万前後上乗せになる感じ。

 

3年間で合計約10万程上がるという計算です。

※現在の等級や運転者の年齢によって上乗せされる保険料が変わります。10万は一つの目安と思ってください。

 

事故の支払い損害額が10万程だとすれば、保険を使わず自己負担で支払うのか、保険を使い3年間分割で保険料として払うのか・・・どちらにしても10万自分が払うことになります・・・。

 

翌年から3年間で10万ほど保険料が上がるとすれば、支払う損害額が6万だとすると保険を使えば4万も保険料のほうが高くなっちゃうんですね

 

事故をして保険を使えば、どの程度翌年の保険料が上がるのか・・・現在加入している保険代理店や保険会社に聞けば計算してくれます。

ただ、翌年の保険料だけではなく3年間の保険料がどのくらい上がるのかをしっかり聞いておいてください。

支払わないといけない損害額と、3年間の上がる保険料を比較してみるといいですね。

 

判断基準②保険期間中の事故回数

事故をして保険を使うとき、翌年の保険料が上がってしまうことを知っておくのは大事なことです。

しかし保険を使うデメリットは、それだけではありません。

 

保険期間中の事故回数も考えなくてはなりません。

 

自動車保険の保険期間中とは、保険始期日から保険満期日までです。

たとえば、

保険始期日が5月10日で保険満期日が5月10日の1年契約だとすると、この1年間が保険期間中です。

ですので、前年契約の事故は関係ありません。

 

保険期間中1年間の事故回数が多くなると、翌年の更新で『引受条件』が付いたり更新事態引受してくれない保険会社もあります。

 

引受条件というのは、保険を多く使った補償項目に対して制限がかかるものです。

たとえば、

『対物賠償』を1年間で2回使っていれば、次回の更新で対物賠償の免責額が10万に・・・

『車両保険』を1年間で2回以上使っていると、次回の更新で車両保険の免責額が5万になったりします。

免責額とは自己負担額です。

対物賠償の免責額が10万になってしまうと、対物事故を起こしてしまえば必ず10万は自分で負担しなければなりません。

車両保険の免責金額も同じです。

車両修理費用の5万は自分で払う必要があります。

 

保険会社が提示するこの引受条件に納得しなければ、自動車保険の更新を引き受けてくれないのです。

 

引受条件がつく程度ならまだしも、更新してもらえなくなると困ります。

こうなると、他の保険会社で加入するのも難しくなってしまいます。

 

保険期間中の事故回数が数回あり、支払い損害額が低いのであれば保険を使うことをオススメしません。

 

判断基準③車両保険を使うなら残りの保険期間をみる

事故で保険を使うか、使わないか、3つ目の判断基準は車両保険を使う場合です。

車両保険は、事故で自分の車が壊れたときの修理代を補償します。

 

車両保険に加入するときには免責金額(自己負担する額)を決めます。

決めることは、保険期間中の1回目に車を修理に出した場合の免責金額と、2回目以降車を修理に出したときの免責金額です。

車両保険の免責とは?どうやって決めるの?
まず『車両保険』とは、あなたの車の修理代を 保険で払います!!という補償です。 ※事故と関係のない故障については 対象になっていないので注意してください。 (車両保険の種類についてはまた別の機会でお伝...

 

仮に2回目以降の免責金額を10万と設定していた場合、保険期間中2回目の車両保険を使うときには10万の自己負担が発生します。

 

と考えれば、更新したばかりに少額の修理費用で車両保険を使うことは悩みどころです。

保険期間中、次に車両保険を使うときには自己負担が発生するということを把握したうえで使うことをオススメします。

 

事故で相手がケガをしている場合は保険を使ったほうがいい

保険を使うか使わないかの最終判断は、示談交渉が終わったあとです。

事故で相手がケガをしている場合は、保険を使う方向で考えていたほうがいいでしょう。

 

相手のケガは、自分の自賠責保険(強制保険)から先に支払われます。

自賠責の範囲を超えた場合に、自分が加入している任意保険を使うのですが自賠責のケガの補償は120万までです。

軽傷の場合120万あれば大丈夫だろうと考えられやすいのですが、事故での通院は健康保険証が使えません。

そのため、長引く通院は120万を超過する可能性があります。

 

示談が成立し、自分が支払う損害額が決定してから保険を使うか使わないかの最終判断をしてください。

 

事故で保険を使ったら翌年はネットで一括見積もり!保険料を抑えることができる

事故をすれば保険を使わざる得ないときもあると思います。

 

自動車保険を使えば確かに、翌年の保険料は高くなります。

 

事故で自動車保険を使いたいのに、翌年の保険料を考えたら保険が使えない・・・・

これでは何のために自動車保険に加入しているのやら分かりません。

 

そんなときは、ネットで一括見積もりをしてみてください。

インズウェブの一括見積もりだと、最大20社の見積もりが一覧で比較できます。

自動車保険一括見積もり

一番安い自動車保険をみつけることができるのです。

上がってしまう保険料は出来る限り抑えたいですよね。

自動車保険一括見積もり