原付の任意保険、入らないとどうなるの??

自動車や二輪自動車、原付には自賠責保険(強制)というものがあります。

この自賠責保険に加入しないと、運転してはいけないようになっています。

任意保険は??

任意保険は自賠責保険の上乗せ保険です。
その字の通り、加入は『任意』です。

自賠責保険の補償範囲を超えたら、任意保険を使います。

この任意保険に入らなければ、実際事故が起きた時
どのような事になるのか…というのを、
考えられる事故例を出しながら、お伝えしたいと思います。

自賠責保険の範囲

自賠責保険の補償範囲は狭いです。

人命のみが補償の範囲になっていますので、
対物賠償(相手の物)に関しては対象となっていません。

●死亡…3000万
●後遺障害…75万~4000万
●傷害…120万

原付でも当然過失は問われます。

もしも、自動車に追突し100(自分)対0(相手)の事故を起こした場合、
相手自動車の修理代は、全部自分が賠償しないといけません。

しかも任意保険に入っていないということは、
示談交渉もすべて自分がしないといけないので、面倒です。

頑張っていろいろ調べないと
相手のいうままに修理代を請求される可能性がありますよ。

自賠責保険の請求がややこしい

任意保険に入っていると、自賠責保険の請求も加入している任意保険会社が代わりにしてくれます。

自分は自賠責証書のコピーを用意するだけでOKなのです。

個人的に自賠責保険の請求は面倒なのではないか…と思います。

過失割合の決定も相手保険会社任せ

過失割合は、場合によって修正できます。

…が…どこに修正要素があるのか…素人にはわかりにくいです。
こうなると当然プロが有利ですよね。

事故の場合『健康保険』の使用ができない

病院代は10割全額負担です。

もしも相手にケガを負わせてしまった場合、
自賠責では120万が限度となります。

これ…場合によっては、限度額超えてしまいます。

超えた金額は自腹です。

自分のケガの補償がない

自賠責保険は相手のケガの補償です。

自分のケガの補償はありません。

『生命保険に入ってるし~』ならば、ぜひ補償の確認をしておきましょう。

それ…入院のみの補償になっていませんか??

生命保険や医療保険は、ケガでも補償しますが
原則入院です。

ケガの通院は『傷害保険』です。

上記にも書きましたが、事故は健康保険が使えません。
10割全額自己負担です。

まとめ

任意保険は、あくまで『任意』です。
加入は運転者の意思に任されています。

どんな請求になったとしても、賠償金は全額払えるし、
自分で交渉もできる!!といった場合は加入する必要がないと思います。

もしもそうでないのなら、
加入をしておいた方がいいでしょう。

相手のご家族と自分の家族…
2つの家族が悲しむ事になりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする