原付の任意保険、入らないとこんなことになる!!

自動車

 

自動車や二輪自動車、原付には自賠責保険(強制)というものがあります。

この自賠責保険に加入しないと、運転してはいけないようになっています。

任意保険は??

 

任意保険は自賠責保険の上乗せ保険です。
その字の通り、加入は『任意』で、義務ではありません。

 

相手のある事故で、相手への賠償金が自賠責保険の補償範囲を超えたら、任意保険を使うようになります。

 

この任意保険に入らなければ実際に事故が起きたとき、どのような事になるのか…というのを、
考えられる事故例を出しながら、お伝えしたいと思います。

自賠責保険の範囲

 

自賠責保険の補償範囲は狭いです。

●なくなった…3000万
●後遺障害が残った…75万~4000万
●ケガをさせてしまった…120万

見てわかりますとおり、人の体に対してのみの補償です。

いかなる時も人命第一!!

だから自賠責保険は強制なのです。

しかし、自賠責保険では相手の物に対しての補償が一切ありません。

 

原付でも当然過失は問われます。

 

もしも、自動車に追突し100(自分):0(相手)の事故を起こした場合、相手自動車の修理代は、全額自分が賠償しないといけません。

 

しかも任意保険に入っていないということは、示談交渉もすべて自分がしないといけないのです。

これは、面倒なんていう問題ではありません。

相手がたとえ自動車保険に加入していたとしても、相手自身が過失のない事故である場合、相手保険会社は交渉の現場に口をだすことができません。

ということは…

相手保険会社とあなたが交渉するということはできません。

あなたが直接お相手ご本人、もしくはそのご家族と交渉していくのです。

その精神的苦痛は半端ないと思います。

頑張っていろいろ調べないと、相手のいうままに修理代を請求される可能性もありますよ。

とはいえ、一方的に自分が100%悪い事故です。

加害者です。

あまりにも理不尽な場合は法的手段も取れますが、どうなんでしょうか。

考えるだけでモヤッとします。

▼バイク保険一括見積もり▼

自賠責保険の請求が面倒

任意保険に入っていると、自賠責保険の請求も加入している保険会社が代わりにしてくれます。

自分は自賠責証書のコピーを用意するだけでOKなのです。

 

個人的に自賠責保険の請求は面倒なのではないか…と思います。

この自賠責保険の請求は、保険代理店でもしていません。

保険代理店も、すべて保険会社に任せている部分です。

過失割合の決定も相手保険会社任せ

 

お相手のある事故で互いに過失がある場合、任意保険に加入していなければ、お相手の保険会社というプロと素人の自分が交渉するようになります。

こうなると、過失割合の決定は相手保険会社任せになってしまいます。

 

知っていますか??

過失割合は、場合によって修正できるということを・・・。

 

…が…どこにその過失の修正要素があるのか…素人にはわかりにくいです。
こうなると当然プロが有利ですよね。

任意保険に加入するということは、自分の味方になってくれる人がいる!ということです。

任意保険に加入してない場合は、あるかもしれない過失の修正要素を自分で見つけ出さないといけません。

しかも、過失の修正ができるかもしれないことを知らなければ、ほぼ言いなりです。

私たち保険代理店も、この修正要素をみつけるために何度も現場に行くことだってあるのです。

 

事故の場合『健康保険』の使用ができない

 

聞いたことがあるかもしれませんが、事故でケガをした場合『健康保険』が使えません。

使わせてくれる病院もありますが、後で健康保険組合から払わなかった7割の請求がくる場合があります。

要するに病院代は10割全額負担ということです。

もしも相手にケガを負わせてしまった場合、自賠責保険では120万が限度となります。

 

これ…場合によっては、限度額を超えてしまいます。

任意保険に加入していない場合、超えた金額は自腹です。

 

(2019年1月追記)参考までに・・・

昨年長男が事故を起こしてしまい、お相手(30歳)の方が通院している状態です。

ケガの状態ですが、骨折やじん帯損傷などはなく、捻挫・打撲で通院されています。

昨年9月の初旬に事故があり、年が明けた今でも通院しています。

毎月、お相手が保険会社に請求され支払われた金額がハガキで届いているのですが・・・

その額、1ヵ月約15万!!!(自賠責保険と対人賠償から)

現時点で60万ほど支払われていますね・・・。

この勢いで通院され続けると120万は超えるんじゃないかと思っています。

ここだけの話、事故した相手によっては、このようにずっと引っ張られます。

捻挫や打撲で実に4ヵ月もの通院。まだまだ通院する様子。

(おじいちゃんおばあちゃん、顔負けの長期通院)

この治療費プラスめちゃくちゃ高い対物賠償を請求されています。

数ヵ月経過しているにも関わらず、スマホの画面が割れていたと今頃請求してくるし。

保険に入っているとはいえ、正直気分のいいものではありません。

あっ・・・すみません、思わず本音が・・・(笑)

自分のケガの補償がない

自賠責保険は相手のケガの補償です。

 

自分のケガの補償ではありません。

 

『生命保険に入ってるし!!』というのであれば、ぜひ補償の確認をしておきましょう。

その保険…入院のみの補償になっていませんか??

 

生命保険や医療保険は、ケガでも補償の対象となっていますが原則は入院です。

入院しないと補償の対象にならないのです。

ケガの通院は『傷害保険』です。

 

事故でケガをした場合、入院するとは限りません。

可能性として通院治療のほうが多かったりします。

 

上記にも書きましたが、事故は健康保険が使えません。
10割全額自己負担です。

原付の任意保険加入決めたら『弁護士費用』は付帯して!

任意保険は、あくまで『任意』です。
加入は運転者の意思に任されています。

 

どんな請求になったとしても、賠償金は全額払えるし、
自分で交渉もできる!!といった場合は加入する必要がないと思います。

もしもそうでないのなら、
加入をしておいた方がいいでしょう。

原付の任意保険、加入をきめたら『弁護士費用』は付帯してください!!

『弁護士費用』についてはこちら

自動車保険に弁護士費用が必要だという理由
自動車保険にも、いろいろな『特約』を付帯することができます。 しかし、特約名を見ただけでは、 何が起きたときに、どのように役に立つのか、 それは自分に必要なのか、不必要なのか・・・ わからないことも多いと思います。 ...

 

保険料が高い任意保険に加入する必要はない

賠償金も確かに大変ですが、すべて自分で対応していくのは精神的にかなり辛いと思います。

自分が加害者でも、被害者になった場合でも交渉はプロに任せたほうがいいに決まっています。

そんな高い任意保険に加入する必要はありません。

 

バイク保険一括見積もりだと、最短3分でバイク保険の見積もりが可能です。

8社の保険会社を比較できるので、自分にピッタリのバイク保険を選ぶことができますよ。

とにかく自分の味方となる『任意保険』に加入してください、そして安心して原付を運転してください。

▼バイク保険一括見積もり▼