原付から自動車へ!保険の等級引き継ぎできる?

自動車

今まで原付に乗っていたけど、そろそろ車の購入を考えている・・・。

ずっと原付の任意保険に加入していて等級も高い・・・。

原付で加入している任意保険の等級を、自動車保険に引き継ぎたい。

そのお気持ち、わかります!!

しかし原付に加入している任意保険の等級は、車の任意保険に引き継ぐことはできないのです。

 

原付の保険から自動車保険の等級は引き継ぎできない

今加入している任意保険の車両を変更することを、車両入替といいます。

しかし、原付から車へ車両入替をすることはできません

 

任意保険の車両入替には条件があります。

 

原付の任意保険、車両入替ができる条件は

・原付(50CC超)

・125CC以下のバイク

です。

 

ちなみに自家用車の任意保険で車両入替できる車種は、

・自家用普通自動車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四輪自動車
・自家用小型貨物車
・自家用軽四輪貨物車
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
・特殊用途車種(キャンピングカー)

 

自家用8車種と呼ばれる8種類です。

 

車から原付に車両入替もできない!ということですね。

 

原付の任意保険、解約したら中断しよう

車を購入するようになり、原付を手放す場合や当分原付に乗らない・・・

であるならば、ずっと原付の任意保険をかけているのも、もったいないので解約しますよね。

この場合、解約と一緒に中断の手続きをしておきましょう。

 

中断というのは、解約したときの任意保険の等級を10年間無料でおいておける制度です。

 

たとえば今、原付の任意保険の等級が20等級で解約・中断したとします。

3年後に再び原付を購入し、任意保険をかけることになった場合、中断していた20等級を使って任意保険に加入することができるのです。

 

通常、任意保険に新しく加入するときは6等級からスタートになります。

(最高等級は20等級で、63%の割引があります。ちなみに6等級は28%割増~9%割引です。6等級は年齢によって、割引率が違います。)

 

中断している等級があれば、最初から安く任意保険に加入できますね。

この中断を再開できる人は、本人だけでなく同居であれば家族にも使えます

 

もちろん、原付の任意保険を中断した場合は次に再開することができるのも原付の場合です。

 

原付から車に乗り換える、セカンドカー割引が使えるかも

 

 

原付から車に乗り換えるとき、原付で加入している任意保険の等級が使えないとなると、新しく任意保険に加入しなくてはなりません。

 

上記にも書きましたが、任意保険に新しく加入するときは6等級からのスタートになります。

新規の6等級は、28%割増~9%の割引です(車を運転する人の年齢によって変わります)。

 

そこで、セカンドカー割引(複数所有新規)をご紹介します。

 

セカンドカー割引(複数所有新規)とは、同居している家族の車(同居でないとダメ)が一定条件をクリアしていると新しく加入する車の保険の等級が7等級からスタートできる制度です。

※一定条件とは、同居している家族の自動車保険の等級が11等級以上の場合

 

新規の7等級は、11%割増~40%割引になります(車を運転する人の年齢によって変わります)。

等級制度の詳しくはこちら

自動車保険の等級とは!こんなことになっている
自動車保険には、『等級制度』というものがあります。 これは、自動車保険料の割引・割増を表します。 保険料の『軸』となっている数字ですね。 今回は、自動車保険の『等級』とは何なのかについて、わかりやすくお伝え...

 

6等級からのスタートに比べると、保険料を抑えることができますね。

 

もしも同居している家族に車があり、その自動車保険が11等級以上であればセカンドカー割引が適用されます。

セカンドカー割引を使う場合は、同居している家族の自動車保険契約会社と証券番号があればOKです。

セカンドカー割引は、同じ保険会社に加入しなくても大丈夫

あなたが納得できる自動車保険をさがしてください。

▼自動車保険一括見積もりをする▼

 

 

原付から車に乗り換える、新規で加入するならネット保険で保険料を抑える

原付から車に乗り換えるとなると、以上のことから新規で自動車保険に加入しなくてはなりません。

 

しかし、保険料は必要最小限に抑えたいですよね。

であれば、一括見積もりで比較してみてください。

最大20社の見積もりが、リアルタイムで比較できますよ。

一番安い自動車保険がみつかるかもしれません。

 

▼自動車保険一括見積もりをする▼

 

 

原付と違い、車を所有すれば何かと維持費がかかってきます。

できるだけ出費は抑え、素敵なカーライフをお過ごしくださいませ。