自動車事故で同乗していた友人にケガを負わせたら

自動車
スポンサーリンク

車を所有していると、いろいろと自分の車を出すときがありますよね。

 

たとえば、友人とのドライブや子供の送り迎え。

ときには、子供の友達を一緒に乗せてあげることもありますね。

 

乗せてあげたはいいけど・・・

もしも誰かを車に乗せているとき、自動車事故を起こしてしまったら・・・。

ケガを負わせてしまったら・・・。

 

そんなときは、もちろん自動車保険で対応します。

 

では、自動車保険の、なんの特約からどのくらい補償を得られるのでしょうか?

 

今回は、自動車事故で同乗していた友人に、ケガを負わせてしまった場合の保険についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

同乗者の友人にケガを負わせてしまった

 

同乗していたのが、家族以外の他人だった場合は??

 

自損事故で同乗者にケガを負わせた

自分の車に同乗していたのが友人であった場合、自動車保険の

『人身傷害補償特約』

『搭乗者傷害』

『対人賠償』

と、強制保険の『自賠責保険』から補償が受けられるようになっています。

 

『人身傷害補償特約』と『搭乗者傷害』は、自分と自分の所有している車に同乗していた人のケガを補償します。

『対人賠償』と『自賠責保険』は自分や家族以外の他人にケガを負わせてしまったときの補償となっています。

友人は、他人になるので、『対人賠償』と『自賠責保険』の対象にもなりますね。

 

自賠責以外の保険は、契約時に設定していた保険金額が限度額となります。

(自賠責保険の補償額は、決まっています。)

 

たとえば、人身傷害の保険金額を3,000万に設定していれば3,000万までの範囲で、ケガをした友人に補償をします。

この人身傷害から補償されるのは、ケガの治療費、慰謝料、着衣損害、休業補償です。

 

友人のケガの症状が、捻挫や打撲といった比較的軽い症状であれば、人身傷害補償特約で十分補償できます。

 

しかし、後遺障害が残ってしまうほどの重体になってしまうと人身傷害では対応しきれなくなってしまいます。

そのようなケースは、人身事故に切り替えて、『自賠責保険』と自動車保険の『対人賠償』から補償します。

 

『自賠責保険』の補償範囲は後遺障害だと4,000万が限度です。

ですので、対人賠償の保険金額は無制限に設定しておいたほうがいいですね。

 

『人身傷害補償特約』と『搭乗者傷害特約』の詳しい補償内容については、下記URLを参照してください。

人身傷害と搭乗者傷害の違い、搭乗者傷害は必要か
自動車保険は、主に3つの補償から成り立っています。 ①他人のケガや物に対しての補償(賠償責任) ②自分や同乗者のケガの補償(傷害保険) ③自分の車の修理代(財物保険→車両保険といわれています) 今回は...

 

※もしも同乗していた友人が、自分でも自動車保険を契約していたら『搭乗者傷害』が請求できる可能性があります。

・『搭乗者傷害』に加入していること

・『ほかの自動車に乗車中での事故によるケガ』を補償範囲にしていること

 

これは、自分にも言えます。

逆に、他人の車に乗っていて自分がケガをした場合、自分の自動車保険からも補償してくれるかもしれません。

 

逆の立場になったとしても、自分が加入している保険会社に事故連絡をしておくと良いでしょう。

 

相手のある事故で同乗者にケガを負わせた

 

相手のある事故では、お互い動いていると過失が発生します。

 

相手のある事故でも、こちらが100%悪い事故の場合は、上記と同じです。

 

相手が100%悪い事故である場合は、相手の自賠責保険と自動車保険で補償してもらいます。

 

相手が無保険だったときは、自分の弁護士費用をつかって請求することもできるので、

自動車保険には、弁護士費用特約を付帯しておくことをオススメします。

 

弁護士費用についてはこちら

自動車保険に弁護士費用が必要だという理由
自動車保険にも、いろいろな『特約』を付帯することができます。 しかし、特約名を見ただけでは、 何が起きたときに、どのように役に立つのか、 それは自分に必要なのか、不必要なのか・・・ わからないことも多いと思います。 ...

 

同乗者が家族や子供の場合

 

では、同乗者が配偶者や子供のような自分の家族であった場合はどうでしょうか??

 

配偶者や子供のような、自分の家族は『他人』の定義に当てはまりません。

ですので、『対人賠償』も『自賠責保険』も適用されないということです。

 

では、他人とならない家族がケガをしたとき、どの補償が使えるのか。。。

それは『人身傷害補償特約』と『搭乗者傷害』です。

人身傷害と搭乗者傷害の違い、搭乗者傷害は必要か
自動車保険は、主に3つの補償から成り立っています。 ①他人のケガや物に対しての補償(賠償責任) ②自分や同乗者のケガの補償(傷害保険) ③自分の車の修理代(財物保険→車両保険といわれています) 今回は...

 

ご自分のケガの補償も、よく確認しておいてください。

 

相手のある事故の場合は、過失の割合によって、相手からの『対人賠償』と『自賠責保険』から補償してもらいます。

警察への事故の届け出は?物損事故?人身事故?

『物損事故』か『人身事故』か、届け出をするのは被害者です。

ケガをしている人が、どちらか届けます。

 

『物損事故』で届けたからといって、ケガの補償をしてもらえないということはありません。

 

『人身事故』で届けても『物損事故』で届けても、同じように補償してもらえるので安心してください。

…なぜか『物損事故』で届けたら、ケガの補償をしてもらえないと言ってる人もいますが…。

 

きちんと補償を受けれるので、ケガが軽傷の場合は『物損事故』でもいいと思います。

ですが、そうでない場合は『人身事故』で届けておいたほうがいいでしょう。

 

『物損事故』=軽傷

という感じに、保険会社も捉えがちです。

だから、6ヶ月ほど経過すると治療を打ち切るように言われます。

軽傷の場合だと、6ヶ月もあれば通院しなくなることがほとんどです。

 

ですが、ケガの状態が軽傷でない場合は入院、もしくは通院の期間が長くなる可能性があります。

治療費が打ち切られると困りますよね。

 

ちなみに『物損事故』から『人身事故』に切り替えるのは、後で変更することはできますが、時間はかかると思いますし、受け付けてくれないこともあるようです。

 

入院しないといけないほどのケガを負ってしまった場合は、最初から『人身事故』にしておいたほうがいいでしょう。

自動車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hanah1761をフォローする
スポンサーリンク
今年で営業一筋15年目の保険屋の知恵