結婚した子供の自動車保険、親が契約する事はできるの??

自動車

 

子供が結婚し、別世帯になった場合でも、
親が子供の自動車保険契約者になることができます。

 

契約者は子供だけど、
保険料の支払い口座だけを親にする事も可能です。

 

今回は結婚した子供の自動車保険を
親が契約するケースについての注意点をお伝えします。

 

『契約者』は親、『被保険者』に子供を必ず設定

 

『被保険者』とは保険の対象者、補償を受ける人です。

被保険者を設定しない場合、契約者が被保険者となってしまう
タメ、子供が事故を起こしたとしても保険が使えなくなります。

運転年齢条件も、免許証の色も、
すべて被保険者の情報に合わせないといけません。

 

保険料引き落とし口座のみ親の口座

 

とにかく保険料だけは、親である自分が支払ってあげたい!!
という場合…

契約者は子供にしておいても問題ないのであれば、
保険料引き落とし口座のみ親の口座を設定することができます。

同居ではなく、別世帯でもまったく問題ありません。

 

契約者が法人の場合

 

契約者を親が経営する会社名(法人名義)、
被保険者に個人(ここでは子供)を設定することも可能です。

もちろん運転年齢、免許の色等は、個人(子供)の情報に合わせます。

 

等級の権利は被保険者にある

 

自動車保険には、等級という割増引制度があります。

この等級の権利は、契約者ではなく被保険者にあります。

いずれ子供が契約者になり、そのまま契約を引き継ぐ事が可能です。