自動車保険に弁護士費用が必要だという理由

自動車
スポンサーリンク

自動車保険にも、いろいろな『特約』を付帯することができます。

しかし、特約名を見ただけでは、

何が起きたときに、どのように役に立つのか、

それは自分に必要なのか、不必要なのか・・・

わからないことも多いと思います。

 

今回は、そんな特約の中の一つである『弁護士費用』についてですが、私自身、弁護士費用特約は必要だと思っています。

なぜ必要と思うのか、その理由をお伝えします。

 

スポンサーリンク

自動車保険の弁護士費用特約とは

 

自動車事故でケガをしたり、物を壊されたりした場合で、

相手との交渉を弁護士に依頼したときや、事故の解決が訴訟になってしまったとき

にかかる費用を補償する特約です。

支払われる金額は300万が限度額で、

実費払い(実際にかかった金額)を補償します。

 

300万を超えてしまった場合、超えた部分は自己負担となります。

(・・・300万を超える場合、相手からこちらに対しての賠償金も

3000万以上となる可能性もあるので、支払えなくはないかなと・・・。)

 

この弁護士費用特約を使うときは、

基本自分が加入している保険会社が示談交渉できない場合となります。

 

保険会社が交渉できない場合に役立つ弁護士費用特約

 

たとえば・・・

信号待ちで停車しているところ、

うしろから車が追突してきた場合。

いわゆる100対0の事故で、相手に100%の責任がかかるケースです。

 

この場合、自分が加入している保険会社が、加害者である相手の人と

交渉することが一切できなくなってしまいます

 

こちらに責任義務が発生しないときには、

保険会社は相手の人と話せないのです。

 

これは、弁護士法で決まっているんです。

 

ってことは、自分で相手の人と交渉や賠償金請求をしないと

いけないってことなんですね。

 

相手の人が自動車保険に加入していれば、

相手保険会社と自分との話し合いになりますので、

わりとスムーズに解決されます。

 

ですが、認めてくれないとか、自動車保険に加入していないとか…

非常に厄介な場合は困ります。

 

病院に行きたいけど、費用はどうなるのか・・・

自分の車の修理費も払ってほしいのに・・・

 

とりあえず相手の家に行くも居留守を使われたり、

やっと会えたと思ったら、修理代の分割をお願いされたり・・・。

 

ご存知のとおり、

車の修理屋さんは車の所有者に修理代を請求します。

 

相手の人が分割で払うと言っても、

その費用を一時的に立て替えるのは自分です。

そもそも自動車保険に加入していない人です。

払ってくれるかどうかも怪しいと思いませんか??

 

この先どうやって相手と交渉したらいいのか、わかりませんよね。

 

保険会社に頼ることもできない、

自分でもどうにもしようがない・・・

そんなとき、自分に代わって交渉してくれるのが

弁護士さんです。

 

このようなとき、弁護士費用特約が役に立ちます。

弁護士費用特約は、その弁護士さんにお願いする費用を補償してくれるのです。

 

ワケもわからず、自分があくせく動くより

法的手段をとるのが精神的にも肉体的にもいいですね。

 

法のことは法のプロに任せるのが一番!!

 

弁護士費用特約を使ったほうがいいケース

自分に過失がなく、相手が認めない、任意保険にも加入していない場合

 

このようなケースは、被害者の自分が必死になって動かなければなりません。

 

本当に厄介です。

相手の人に電話をしたり、何度も家を訪ねたり・・・

現代人、そんなにヒマじゃないでしょ。

 

相手がちょっとヤバそうな人だったら、

なおのことです。

 

ちなみに私は、相手がどんな人であろうと揉めそうな場合は

電話したり、家に行ったりしたくありません。

 

こんなとき、迷わず弁護士さんに依頼したほうがいいです。

相手からの賠償金額に不満があるとき

 

たとえ相手が保険に加入していたとしても、

被害者である自分や家族に対しての慰謝料に

納得いかないときだってあります。

 

相手保険会社の出す慰謝料が低すぎると感じた場合…

弁護士さんに相談してみるのもいいと思います。

 

たとえば、

脳損傷で動けなくなってしまった…

社会復帰ができなくなってしまた…

 

このようなとき…

 

保険法で算出される慰謝料と、

弁護士法で算出される慰謝料額に違いがでる場合があります。

 

弁護士費用特約を使わないほうがいいケース

 

過失に不満がある場合です。

たとえば、

相手が脇道から出てきて、本線を走行していた自分の車に接触した場合。

 

接触された場所が、自分の車の後輪部分だったとしましょう。

 

おそらく大半の人は、自分に責任があると思いません。

だって、自分の車は後輪なワケで、過ぎ去りかけのときに

相手が出てきて、ぶつかってきてるのだから・・・。

自分、避けようがないじゃん!!

 

って思いませんか??

 

しかし、動いていると大なり小なり『過失』というのが

存在します。(もちろん例外もありますが…。)

 

このような場合は、

80(相手)対20(自分)

が、基本の過失となります。

 

どちらもこの過失に納得すれば決定します。

 

ですが、過失の修正要素があれば

20の過失が10になるときもあるのです。

 

しかし10の過失でも絶対納得いかない!!

自分は0だ!!

 

と主張すると、

100%の被害者である主張をすることになりますので、

当然自分の保険会社が相手と交渉することができなくなります。

 

では、弁護士さんにお願いして

自分の過失を0にしてもらいましょう。

 

・・・しかし、このような場合・・・

実は弁護士さんにお願いしないほうがいい場合もあるのです。

 

弁護士さんは、いかなるときも『法』に従順です。

 

もしかしたら、相談することにより

『法』で決まっている基本過失の20%に逆戻り…ってこともあるんですね。

 

『法』で決まってしまった過失は、覆せません。

 

悔しいお気持ちはわかります。

もちろん自分だって納得いかない『法』のケースを存分に見てきました。

 

…こんなこともあるんですね…。

 

弁護士費用特約を使うと保険料があがるのか等級は?

 

弁護士費用特約を使っても、

更新後の保険料はあがりません

もちろん、等級に変わりもありませんよ。

 

自動車保険を使って等級が下がり、

保険料が上がるときは、

『対人賠償』『対物賠償』『車両保険』

使った場合のみです。

 

弁護士費用特約は車ごとに付帯したほうがいいのか

 

同居している家族の車が2台ある場合

 

弁護士費用特約は、車1台の自動車保険に付帯されていれば

同居の家族と別居の未婚の子の車に限り、同じように補償されます。

 

(別居の未婚の子についてはこちら)

自動車保険『別居の未婚の子』とは?補償範囲はどこまで?
自動車保険でよく聞く『別居の未婚の子』とは・・・ 一度も結婚した事のない、なおかつ別居している子供の事です。 たとえば、 子供が県外の大学に進学した。 子供が県外に就職した。 近くにいるけど、子供は...

 

ですので、それぞれの車に付帯していなくても

家族で1台、誰かが付帯していればいいかなと思います。

(別居の未婚の子が付帯していても、

別居のお父さんお母さんや家族は使えませんので注意してくださいね!)

 

それぞれの車に弁護士費用特約を付帯した場合

 

弁護士費用特約の補償金額は300万までです。

 

かりに一家に2台の車を所有していたとして、

それぞれに弁護士費用を付帯したとします。

 

弁護士さんにお願いしたい案件があった場合、

それぞれの車に付帯してある弁護士費用を合わせた費用

使えるようになります。

 

弁護士費用特約1契約=300万2契約となるので

合計600万までが補償されるということですね。

 

・・・と考えると・・・

重複して付帯しなくてもいい気がしませんか??

 

自動車事故、交通事故以外にも使える弁護士費用特約がある!

 

弁護士費用特約は、保険会社によって範囲が違います。

 

自動車事故にのみ弁護士費用を補償する場合と、

自動車事故と日常生活において被害を受けたときにも

弁護士費用が使える場合もあります。

 

日常生活に使える『弁護士費用特約』とは

 

◎歩行中に自転車とぶつかってしまいケガをしてしまった。

◎隣の家の植木鉢が落下し、自分の家の窓ガラスを割られてしまった。

◎子供がお友達にケガをさせられた。

 

けど、弁償・賠償してくれないときに、

弁護士費用を使うことができます。

 

要は、一方的に被害をうけたときです。

 

日常生活の弁護士費用特約…請求できる条件

 

この日常生活に使える弁護士費用ですが、

請求するにあたりいくつかの注意点があります。

 

①目に見えて被害がわかる

たとえば、

物が壊された。

ケガをさせられた。

その箇所が、誰が見てもわかるということです。

 

②相手がわかっている場合

 

相手がわからなければ

賠償責任義務が誰にあるのかわからず、

請求することができません。

 

加害者がわからなければ、裁判のしようがないですね。

 

③精神的な被害

 

心のキズは目に見えるものではありません。

だとすると、精神的被害を負わせた相手を訴えるために

弁護士費用特約を使うことはできないのか・・・

と思われがちですが・・・

実はできる場合もあるのです。

 

このようなときは、病院で診断書をとってください。

 

誰の何が原因で、病気になったということがわかれば

弁護士費用特約が使える場合があるということです。

 

弁護士費用特約の保険料

 

弁護士費用特約の保険料は、

保険会社によって多少の違いはあります。

 

だいたい

自動車事故のみの弁護士費用特約だと200円前後で、

日常生活における弁護士費用特約は300円前後くらいでしょう。

 

弁護士費用は必要です!

 

おもいきり私的な意見となりますが

弁護士費用は付帯しておいたほうがいい特約です。

 

私のお客様には100%付帯させてもらっています。

 

お客様と事故を起こした相手が

任意の自動車保険に加入していないことが稀にあります。

 

こちらに過失があれば、保険会社も交渉できます。

しかし、一方的に被害を受けてしまうと

私たち代理店や保険会社が関与することが一切できないのです。

 

なんのタメに保険に加入するのか・・・

それは、自分たちを守るためじゃないでしょうか。

 

困ったことにだけはならないように

しておいてください。

自動車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hanah1761をフォローする
スポンサーリンク
今年で営業一筋15年目の保険屋の知恵