自動車保険『別居の未婚の子』とは?~使える補償

自動車保険でよく聞く『別居の未婚の子』とは・・・

一度も結婚した事のない、
なおかつ別居している、お子様の事です。

(親が離婚して、世帯が別になったお子様も実子であれば別居の未婚のお子様です。)

婚姻歴のある別居のお子様は、

離婚して未婚になったとしても自動車保険でいう『未婚のお子様』には当てはまりません

一度婚姻したお子様は、

同居だと『同居の親族』別居だと『第三者の他人』です。

今回は、自動車保険で『別居の未婚の子』は、どこまで補償があるのか…
をお伝えします。

運転者年齢は適応されない

自動車保険には、運転者の限定や年齢の範囲を決めることで、保険料を抑える事ができるのです。

この『年齢の範囲』は4段階あり、
全年齢、21歳以上、26歳以上、35歳以上とあります。

もちろん全年齢(18歳~)の保険料が1番高いですね。

この運転者の年齢の範囲は、家族の中でもっとも若くして運転する人の年齢に合わせます。

いくら家族限定となっていても35歳以上の補償だとしたら、18歳の人は保険が使えません。
この年齢条件は、『同居の親族』の話しです。

『別居の未婚の子』に限っては、この年齢条件は無視しても大丈夫ということになります。

運転者限定は『家族限定』もしくは『限定無し』じゃないとダメですよ。
『本人・夫婦限定』にしていると保険は使えません。

他車運転危険特約が使える

これは、他人の車を運転して事故をしたら自分の保険が使える!といった特約です。
別居の未婚の子が、お友達の車を運転して事故をしてしまったとしても保険が使えます。

同じく
運転者限定は『家族限定』もしくは『限定無し』じゃないとダメです。
『本人・夫婦限定』にしていると保険は使えません。

その他特約が使える

ファミリーバイク特約、人身傷害、個人賠償保険

これらの特約は『別居の未婚の子』も使えるので、わざわざ別で保険に加入する必要はありません。

最後に・・・

同居するようになったり、結婚すると、これらはすべて対象外になってしまいます。
状況に応じて常に補償内容を見直しする事をオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする