自動車保険『別居の未婚の子』とは?補償範囲はどこまで?

自動車

自動車保険でよく聞く『別居の未婚の子』とは・・・


一度も結婚した事のない、なおかつ別居している子供の事です。

 

たとえば、

子供が県外の大学に進学した。

子供が県外に就職した。

近くにいるけど、子供は一人暮らしをしているなど。

 

※親が離婚して、世帯が別になった子供も実子であれば別居の未婚の子です。

 

たとえば、

両親が離婚して、子供はお父さんの世帯に入ったとします。

するとお父さんの世帯に入った子供と、お母さんは世帯が別になってしまいます。

しかしお母さんの実子であれば、お母さんから見ると子供は別居の未婚の子です。



婚姻歴のある別居の子供は・・・

離婚して未婚になったとしても自動車保険でいう『未婚の子』には当てはまりません


一度でも結婚したことがある子供は、同居であれば『同居の親族』になります。

しかし別居だと『第三者の他人』になるのです。

 

今回は『別居の未婚の子』について親の自動車保険、補償範囲はどこまで対象になるのかをお伝えします。

別居の未婚の子、『親の自動車保険』使える補償範囲

親が加入している自動車保険は、別居の未婚の子でも使える補償があります。

どのような補償が、別居の未婚の子でも使えるのかを詳しくみていきましょう。

 

別居の未婚の子も他車運転特約が使える

他車運転特約とは、他人の車を運転しても自分が加入している自動車保険が使える特約です。

 

別居の未婚の子がお友達の車を運転し、事故をしてしまっても親が加入している自動車保険が使えるのです。

ただし、親の自動車保険は『別居の未婚の子』が運転しても保険が適用されるようにしておかなくてはなりません。

『運転者限定』を『運転者の限定なし』にしておくと、別居の未婚の子も運転できるようになります。

 

他車運転・・・詳細はこちら

他人の車を運転する!自動車保険を賢く利用
友達や親戚と出掛けることになったとき、遠出になればなるほど運転手も交代したいのではないでしょうか。 しかし、他人の車を運転して万一事故をしてしまったら・・・ 誰の保険がどこまで補償してくれるのか、気になりますね。 ...

他者運転特約の使える範囲と注意点を記載しています。

別居の未婚の子が、友達の車を運転する可能性がある場合は参考にしてください。

 

別居の未婚の子でも個人賠償責任が使える

 

個人賠償責任とは、他人の物を壊してしまったときやケガを負わせてしまったときの弁償・賠償をする保険です。

 

たとえば、

自転車で他人と衝突し、ケガを負わせてしまった・・・

お店の商品を落として壊してしまった・・・

友達の時計を勝手に触って落としてしまった(借りたものはダメ)・・・

このような場合に使える保険です。

 

この個人賠償保険は、他人に賠償する保険なので親の自動車保険に付帯しておいたほうがいいでしょう。

同居の家族はもちろん、別居の未婚の子も補償してくれます。

 

別居の未婚の子が、自転車に乗っているのであれば必要不可欠な補償です。

 

別居の未婚の子でも弁護士費用が使える

 

弁護士費用は、こちらに過失がない場合に使うことができる補償です。

一方的にケガを負わされた、物を壊された、けど弁償・賠償してくれないときの法律相談・訴訟等の費用です。

 

弁護士費用は2つ。

・自動車事故弁護士費用(自動車事故のみ対応)

・日常生活弁護士費用(自動車事故含め日常生活全般に対応)

 

自動車事故弁護士費用は、自動車事故に関して法律相談・訴訟等の費用になります。

 

日常生活弁護士費用は自動車事故も含め、日常生活で他人からケガを負わされたり物を壊されたときの法律相談・訴訟等の費用です。

 

別居の未婚の子がいる場合であれば、日常生活弁護士費用の加入をオススメします。

いつでも相談できる親が側にいないのです。

近くにいてあげられないからこそ、弁護士さんの存在は大きい。

 

大切な子供を守るためにも必要な補償だと思います。

 

日常生活弁護士費用が付帯できる保険会社は

・共栄火災海上
・三井住友海上
・東京海上日動(自動車保険には付帯できない)

・ソニー損保
・アクサダイレクト

 

日常生活弁護士費用がある保険会社、見積もりはこちら

 

日常生活弁護士費用が付帯できる保険会社の見積もりが無料でとれます。

 

別居の未婚の子もファミリーバイク特約が使える

 

ファミリーバイク特約は、125CC未満のバイクの保険です。

 

ファミリーバイク特約の種類、2つ。

・人身傷害補償あり

・自損傷害による補償

 

『人身傷害補償あり』のファミリーバイク特約は、

・対人賠償

・対物賠償

・人身傷害補償(自分のケガ)

3つが、自動車保険の補償と同じ内容となります。

 

『自損傷害による補償』のファミリーバイク特約は、

・対人賠償

・対物賠償

この2つは自動車保険の補償内容と同じになりますが、自分のケガの補償は『人身傷害補償あり』と違います。

 

『人身傷害補償あり』の場合は、事故に相手がいてもいなくても自分がケガをしていたら自分のケガの補償があります。

ですが『自損傷害による補償』は、単独事故でケガをした場合は自分のケガを補償しますが、

事故に相手がいた場合は、自分がケガをしていても自分のケガに対しての補償はありません

 

ですので、『自損傷害による補償』は保険料が安いです。

しかし、安心なのは『人身傷害補償あり』のほうですね。

 

自動車保険に1つファミリーバイク特約に加入していると、バイクは何台所有していても関係ありません。

ファミリーバイク特約は同居の家族と、別居の未婚の子が使えます。

別居の未婚の子も人身傷害補償(車外担保特約)が使える

 

自動車保険の人身傷害補償というのは、自分のケガの補償です。

 

人身傷害補償の補償、2つ

・人身傷害補償(搭乗中のみ)

・人身傷害補償(オールリスク)

 

人身傷害補償の『搭乗中のみ』とは、自動車保険に契約している車に乗っているときに事故により自分と同乗者がケガをしたときの治療費を補償します。

 

人身傷害補償の『オールリスク』は、契約している車に乗っているときのケガの他に

・歩行中や自転車に乗っているときの車との接触によるケガ

・他人の車に乗っている時の自分のケガ

が、補償されます。

交通事故全般によるケガの補償になるのですね。

※自分で転んでしまったときのケガ場は対象外になっています

別居の未婚の子が使える補償は、この『オールリスク』の部分です。

 

別居の未婚の子がお友達の車に乗っていてケガした場合ですとか、自転車に乗っているときの車との接触事故でケガの補償をしてくれます。

 

別居の未婚の子が自転車に乗ることが多いのであれば、『オールリスク』の補償があると安心です。

別居の未婚の子、親の車を運転するとき『運転者の年齢』は関係ない

普段は別居している子供。

長期の休みには帰省することもあるでしょう。

 

帰省して家族の車を運転することになったとき、自動車保険の『運転者の限定』だけ気をつけておきましょう。

 

運転者の限定とは、保険をかけている車を運転する人の範囲です。

 

別居の未婚の子が運転する場合の『運転者の限定』は、『限定なし』にしておかなくてはなりません。

 

※2019年1月から、運転者の限定条件に『家族限定』は廃止になりました。

 

要は、誰でも運転できるようになるということです。

 

しかし別居の未婚の子については、運転者の年齢条件は関係ありません

 

運転者の年齢条件は、同居している家族の中でもっとも若くして車を運転する人の年齢に合わせる必要があります。

 

別居の未婚の子は、同居の家族ではないので運転者の年齢条件は関係ないのです。

『別居の未婚の子』に限っては、この運転者の年齢条件は無視しても大丈夫ということになりますね。

 

別居の未婚の子に自動車保険の等級を引き継ぐことはできない

別居の未婚の子が、車を購入すると自動車保険に加入しなくてはなりません。

そこで、親がかけている自動車保険の等級を譲ることはできないのか・・・気になります。

 

ところが、等級を譲ることができるのは同居の親族のみ。

我が子であっても、別居していると等級を引き継ぐことができないのです。

 

詳しくは、こちら

別居の大学生が車を所有する!自動車保険どうなる
別居の大学生の子が車を所有することになったとき、まず自動車保険に加入しなければなりません。 たとえ運転する機会が少なかったとしても、運転する限り『事故』に対するリスクは避けられません。 今回は、別居の大学生が車を所有することにな...

 

別居の未婚の子が、車を所有するときの自動車保険について記載しています。

 

別居の未婚の子が自動車保険に加入するならネットの保険がお得

 

別居の未婚の子は、親の自動車保険の等級を引き継ぐことができません。

 

別居の未婚の子が車を所有すると、全く新しい状態から自動車保険に加入するしかないのです。

 

しかし初めて自動車保険に加入するときは、保険料が高いですよね。

年齢が若ければ若いほど保険料も高い

 

そんなときは、ネットの自動車保険も視野に入れてみてください。

見積もりをすれば保険料を比べることができますよ。

 

ぜひ安心、納得の自動車保険で快適なカーライフをお過ごしくださいませ。

▼無料の見積はこちら▼