自転車で人にケガをさせてしまった!!

賠償責任

 

数年前に神戸の男の子が、自転車で高齢の女性に追突しケガをさせてしまう…っといった事故がありました。

 

女性の命は助かったものの、意識不明の重体。

数年経過しても意識が戻らず寝たきりだそうです。

 

この事故の賠償金は9,500万でした。

 

このように自転車事故で、高額な請求があったケースは多々あります。

 

自転車は自動車と違い、強制保険がありません。

自分で任意の賠償保険に加入していなければ、このような賠償金請求が高額だった場合、自己破産になってしまう事も少なくないようです。

 

賠償金は借金ではありません。

したがって、自己破産したとしても逃れられないのです。

 

このような事態が起きてしまい、困った事になるのを避けなくてはなりません。

そこで今回は、自転車を運転するにあたり必要な補償と加入に関する情報をお伝えします。

 

自転車に必要な保険

 

自転車を運転する事によるリスク(危険)や心配ごとは、やはり人にケガをさしてしまうかもしれない…という事だと思います。

同時に自転車で人の物や車に接触してしまい、傷つけてしまうリスクもあります。

 

他人に対しての弁償・賠償が1番の心配ごとですよね。

また、人は他人から受けた被害に、当然我慢なんてしてくれません。

 

このように他人に迷惑をかけてしまったときの弁償・賠償保険を『個人賠償責任保険』または『日常生活賠償責任保険』といいます。

 

個人賠償責任保険は、自転車に限らず、『他人にケガをさせてしまった!!』『他人の物を壊してしまった!!』ときに弁償・賠償してくれます。

扱い保険会社によって違いますが、補償額はだいたい無制限です。

どんな時にいくらほどの請求がくるか、全く予測できませんもんね。

 

加入方法と注意点

 

この『個人賠償責任保険』は単体で加入することができません。

なにかの保険の特約として付帯しないといけません。

損害保険ならだいたい付帯する事ができます。

 

自動車保険、火災保険、傷害保険・・・等

 

どの保険に付帯してもいいのですが、注意点が1つだけ!!

ぜひ示談交渉サービスが自動セットになっている保険会社を選んでください。

 

示談交渉サービスがなければ、全て自分が相手方と交渉しなくてはいけません。

保険会社はお金を払うだけです。

 

自分で交渉なんてイヤですよね・・・。私はイヤです。怖いです。

当然謝罪には行きますが、その後の話し合いは誰かにお願いしたいです。

 

まとめ

 

以前(かなり前)は、自転車も交通弱者扱いでした。

今は自転車だろうが、過失は普通に発生しています。

 

そしてこの『個人賠償責任保険』ですが、自分が気付いてないところで何かの保険に付帯されているのを、よく見ます。

自動に付帯されているのか、何なのか。

たくさん加入しているからといって、たくさん補償してもらえるワケではありません。

一家に一個にしときましょう。

無駄がけになってしまいます。

ぜひぜひ『個人賠償責任保険』の確認をしてみましょう!!

ちなみに『個人賠償責任保険』の保険料は、だいたい1ヶ月100円前後のものです。